スパーズが今冬マフレズ獲得に動くもレスターが拒否! だが、今夏移籍の可能性有り?

写真拡大

▽トッテナムが今冬の移籍市場でレスター・シティのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズ(25)の獲得に動いていたようだ。イギリス『タイムズ』が報じている。

▽『タイムズ』の報道によれば、今冬の移籍市場で個での打開力に優れる攻撃的MFの獲得を目指したトッテナムが、マフレズ獲得に向けて公式オファーを掲示したという。だが、厳しい残留争いに巻き込まれている昨季王者は、「いかなる金額のオファーでも放出するつもりはない」と、エースの放出を固辞したようだ。

▽だが、今冬の移籍実現とはならなかったものの、マフレズを高く評価するトッテナムは、今夏に再オファーを掲示する可能性が高い模様。さらに、レスターには依然として降格の可能性があり、例え残留を勝ち取ったとしても、ステップアップを望む同選手を留めておくのは、困難な状況だ。

▽今シーズンは、リーグ戦22試合出場で3ゴール3アシストとパフォーマンスを落としているマフレズだが、仮に今夏の移籍市場でスパーズ入りが決定すれば、育成に定評があるマウリシオ・ポチェッティーノ監督の下で、更なるスケールアップを果たす可能性は高い。