オスカルが移籍後初ゴール…上海上港のACL本戦出場決定、浦和と激突へ

写真拡大

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017・プレーオフが7日に行われ、上海上港(中国)とスコータイ(タイ)が対戦した。

 今冬の移籍市場で、推定移籍金6000万ユーロ(約71億9000万円)でチェルシーからブラジル代表MFオスカルを獲得した上海上港。昨シーズンの中国スーパーリーグを3位で終えたことで、ACL本戦出場権をかけてスコータイをホームに迎えた。上海上港はオスカルを先発起用。ブラジル人FWエウケソン、同代表FWフッキとともに強力な前線を形成した。

 試合は34分、上海上港が先制に成功する。自陣深くでオスカルがタックルを仕掛けてボールを奪うと、その後パスを受けたオディル・アフメドフがピッチ中央をドリブルで駆け上がる。そのままエリア付近でスルーパスを供給すると、右サイドを駆け上がったオスカルがこれを引き取り、右足でシュート。ボールはゴール左下へ突き刺さった。オスカルにとっては、これが上海上港加入後、公式戦で初得点となった。

 勢いに乗る上海上港は39分、フッキが左サイドを強引にドリブル突破しクロスボールを上げる。これがエリア内でこぼれると、最後はゴール手前にいたエウケソンが右足のヒールでゴールへ流し込み、追加点を奪った。

 58分にはエウケソンの左足で放ったシュートが、スコータイDFにあたってそのままゴールイン。オウンゴールで試合を決定づけると、その後はスコータイの攻撃を封じ、3−0で勝利した。

 この結果、上海上港のACL2017本選出場が決定。グループステージではF組に入り、浦和レッズ、FCソウル(韓国)、ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(オーストラリア)と対戦する。

【スコア】
上海上港 3−0 スコータイ

【得点者】
1−0 34分 オスカル(上海上港)
2−0 39分 エウケソン(上海上港)
3−0 58分 オウンゴール(上海上港)