「LAVIE Hybrid ZERO」ファミリー13.3型シリーズ「HZ750/GAG」(写真:NECパーソナルコンピュータ発表資料より)

写真拡大

 NECパーソナルコンピュータは7日、13.3型ワイドディスプレイのノートPCとして世界最軽量(約769g)の製品をはじめ、軽量2-in-1モバイルノートの「LAVIE Hybrid ZERO」ファミリーの新製品を3月2日から販売すると発表した。

 モバイルノートPCにおいても手に持ってタブレットのように操作できる「2-in-1」タイプの人気が高まっていることから、「LAVIE Hybrid ZERO」ファミリーは今回から13.3型、11.6型すべての商品がノートPCとタブレットの2つのモードで利用できる2-in-1タイプとなった。新設計の13.3型は、2-in-1タイプでありながら、従来モデルよりも軽量なボディを実現。サイズも狭額縁デザインの採用で従来比約10%の小型化を実現しA4用紙サイズ相当のコンパクトなデザインに仕上がっている。

 13.3型は、「HZ750/GA」、「HZ550/GA」、「HZ350/GA」の3シリーズを用意。LED IPS液晶は、360度回転ディスプレイによりタブレットモードに切り替え可能。重さは約769g(HZ350/GA)と約831g(HZ750/GA、HZ550/GA)の軽さを実現している。主な仕様は、HZ750/GAが、CPUに第7世代 インテル Core i7-7500Uプロセッサー、メモリに8GB、ストレージにSSD 約256GB、バッテリ稼働時間が約10時間。HZ550/GAが、CPUに第7世代 インテル Core i5-7200Uプロセッサー、メモリに4GB、他はHZ750/GAと同じ。HZ350/GAが、CPUに第7世代 インテル Core i3-7100Uプロセッサー、メモリに4GB、ストレージにSSD 約128GB、バッテリ駆動時間が約6.5時間。

 11.6型は、「HZ330/GA」、「HZ300/GA」の2シリーズを用意。着脱式キーボードによりタブレットに切り替え可能。重さは約786g(モバイルパワーキーボード装着時)と、11.6型ワイド液晶搭載デタッチャブルPCとしてはこちらも世界最軽量を実現。タブレット時の重さも約398gと世界最軽量(HZ300/GA)だ。主な仕様は共に、CPUが第6世代 インテル Core m3-6Y30プロセッサー、メモリが4GB、ストレージが内蔵フラッシュメモリ 約128GB、バッテリ駆動時間は約10.3時間。

 価格はすべてオープンだが、NEC LAVIEの公式ショッピングサイトでは、HZ750/GAが17万1,800円〜、HZ550/GAが14万1,800円〜、HZ350/GAが12万9,800円〜、HZ330/GAが17万4,800円〜、HZ300/GAが16万4,800円〜(価格はいずれも税別)となっている。