ヒットを誓った土屋太鳳ら

写真拡大

 亀梨和也と土屋太鳳の初共演作「PとJK」の完成披露試写会が2月7日、東京・丸の内ピカデリーで行われ、亀梨と土屋のほか、高杉真宙、玉城ティナ、西畑大吾(関西ジャニーズJr.)、村上淳、大政絢、メガホンをとった廣木隆一監督が出席し、上映前に行われたオープニングセレモニーと舞台挨拶に参加した。

 オープニングセレモニーでは、白のドレス&ティアラで着飾った土屋とスーツ姿の亀梨が“結婚式の誓いの言葉”風に、映画の大ヒットを観客の前で宣誓。亀梨が「私は映画を通じて、皆様を幸せにすることを誓います」と発言すると、あちこちで黄色い悲鳴が上がった。

 舞台挨拶に立った亀梨は、真面目な警察官・功太役を演じる上で「警察官としてのリアルさ」を追求したという。さらに「自分が持つイメージが漏れ出ないように気をつけました」と落ち着いた表情で語っていたが、「どんな点を?」と突っ込まれると、「常にセクシーさが出てしまいがちなので。監督の指示のもと、グッと抑えていましたね」と冗談交じりに切り返していた。

 功太に恋するピュアな女子高生・カコ役の土屋は、亀梨に対し「クールとかと思いきや、本当に面白い方。大人の男性ってすごいんだなって感じたんです。私の知らないところで気をつかっていただけたり。身のこなしがレディーファースト」とニッコリ。あまりの絶賛ぶりに亀梨が疑いの視線を向けると、「本当ですよ!」と慌てながらも「王子様に出会うってこんな感じなのかなって思いながら、撮影していました」と初共演を喜んでいた。

 そして、西畑が所属事務所の先輩としての一面を見せた亀梨のエピソードを披露。高杉&玉城と控え室で待機していたが、3人ともに人見知りだったため会話が弾まなかったようで、「そこにセクシーでスマートな亀梨君が入ってきたです」と笑いながら述懐。「そして『ジャニーズの人間はエンターテイナーなんだから。西畑君が盛り上げないといけない』と言ってくれて。それをきっかけに3人の仲が深まっていったんです」と感謝をにじませていた。

 「PとJK」は、2013年から「別冊フレンド」(講談社刊)で連載されている三次マキ氏の同名コミックが原作で、超イケメン警察官・功太と恋愛初心者の女子高生・カコが織り成す“秘密の年の差結婚”の行方を描き出す。3月25日から全国順次公開。