6日、中国海軍の新型ミサイル駆逐艦「西寧」の就役・命名式が先月22日、北海艦隊某駆逐艦支隊の軍港埠頭(ふとう)で行われた。台湾にも同じ「西寧」を名乗る現役の康定級フリゲート艦があるが、中台間での「名前被り」は今回が初めてではないという。資料写真。

写真拡大

2017年2月6日、中国海軍の新型ミサイル駆逐艦「西寧」の就役・命名式が先月22日、北海艦隊某駆逐艦支隊の軍港埠頭(ふとう)で行われ、同艦が人民海軍の戦列に正式に加わった。台湾にも同じ「西寧」を名乗る現役の康定級フリゲート艦があるが、中台間での「名前被り」は今回が初めてではないという。海外網が伝えた。

中国国防部によると、中国国産の第1世代ミサイル駆逐艦「西寧」(ペナントナンバー108)は2013年に、33年の任務を終え退役した。新しく就役した新型ミサイル駆逐艦052D型「西寧」(同117)は、最先端のステルス技術と新型兵器を有している。

台湾メディアが台湾軍関係者の話として伝えたところによると、台湾のフリゲート艦「西寧」(同1203)は海軍124艦隊所属で、左営基地を母港とする。

中台間に同名の現役艦が存在するのは今回が初めてではない。中国では14年3月にミサイル駆逐艦「昆明」が人民海軍の戦列に正式に加わったが、台湾にも同名の康定級フリゲート艦が就役中で、「西寧」を含めて現在、中台間で同名の軍艦が2組存在する。関係者は「両岸(中国と台湾)の西寧同士が将来、海上で遭遇する可能性もある」と話している。(翻訳・編集/柳川)