まるでバターのよう。「生アイシャドウ」が春メイクにぴったりな理由

写真拡大 (全2枚)

ついに花粉シーズン突入。しばらくアイメイクはできないなと覚悟していたら「生アイシャドウ」なるものが新発売されるという情報が......! そこでひと足先に試してみたところ、ゆらぎ肌の味方となってくれるだけでなく、今期のSSメイクにもぴったりのアイテムだとわかりました。
ゆらぎ肌の味方「生アイシャドウ」

rms beautyさん(@rmsbeautyjapan)が投稿した写真 - 2017 1月 27 7:55午前 PST

生アイシャドウとは、NY発ナチュラルコスメブランド『rms beauty(アールエムエスビューティー)』より2月15日(水)に発売される、火を通さずにつくられたパウダーアイシャドウ『SWIFT SHADOWS(スウィフトシャドウ)』のこと。
ゆらぎ肌の味方となる理由として、そのフィット感があげられます。なんでも焼かずにプレスして固めた独自の製法で、バターのようなやわらかいテクスチャーを実現したのだとか。
アイシャドウといえば、粉っぽさのせいか時間が経つほどにパウダーが目頭や目尻といった敏感なところにつき、かゆくなってしまうことも。でもSWIFT SHADOWSなら、肌になめらかにフィットするので、安心してつけることができます。おかげで今年の春はメイクが楽しみになりました。
ペールメイクもお手のもの
スウィフトシャドウ[全6色]/各2,800円、 スウィフトシャドウブラシ/2,700円(すべて税抜)
rms beautyが提案する今期SSメイクは、ヌーディメイク。クラシックなのにモダンなカラーで、都会的な女性らしいメイクを演出するのが狙いなのだとか。このカラーバリエーションなら、冬に引き続き人気の濡れ感のある目元も表現できるし、トレンドのペールメイクもつくりやすい。肌にしっとりと馴染むから、ちょうどよい色気とツヤが生まれます。もちろん石油由来成分、シリコン、パラベン、合成香料、合成防腐剤を使用していません。
2016年も各商品が多数のメディアでベストコスメとして受賞されていたrms beautyですが、このスウィフトシャドウも期待できそう。残念な目元になりがちなこれからのシーズンは、とくに試してみる価値ありです。
[RMS BEAUTY]