AppleがiPhone、iPad、その他Apple製品用アクセサリ向けとして、新しいコネクター規格の採用を計画していることがわかりました。

新仕様「UAC」をデベロッパーに公開

新規格「Ultra Accessory Connector(UAC)」は、すでにApple公式のMade-for-iPhone (MFi)ライセンスプログラム経由でデベロッパーにプレビューの形で紹介されており、LightningコネクターやUSBコネクターに代わって搭載する製品が今後登場することになりそうです。
 
UACは8ピンで、サイズは2.05mm×4.85mmとUSB-Cよりもやや薄く、幅はUSB-CとLightningのほぼ半分です。形状はニコンやペンタックスなどのカメラで使われているウルトラミニUSBコネクターとよく似ているようです。トップ画像はウルトラミニUSBコネクターです。
 
アクセサリーメーカー側にとっては、LightningやUSB-Cポートよりも場所を取らないというメリットがあります。

ヘッドホン以外の製品まで適用するかどうかは不明

Appleが現在MFiプログラムで公開している仕様によれば、UACはヘッドホン向けケーブル専用と記されています。
 
現時点では、AppleがUACをヘッドホン以外のアクセサリまで広げる計画があるかどうかは不明です。
 
 
Source:9to5Mac
(lunatic)