山梨を代表する銘菓「桔梗信玄餅」を販売する桔梗屋と、ガリガリ君がコラボレーションして誕生した「ガリガリ君リッチ 黒みつきなこもち」が2017年2月7日(火)から全国で販売されています。アイスなのに先端にはもち菓子が入っているという驚きのアイスで、特製の黒みつソースときなこアイスの相性も抜群とのことなので実際に食べてみました。

ガリガリ君リッチ 黒みつきなこもち 新発売!|赤城乳業株式会社

http://www.akagi.com/news/2017/170201.html

2月7日から販売開始となった「ガリガリ君リッチ 黒みつきなこもち」のパッケージは赤を基調としたもので、描かれているガリガリ君の表情は3種類。



そして「桔梗屋監修」の文字もしっかり入っています。



1本当りの量は100mlで、原材料には1番最初に「もち菓子」と書かれています。



1本当りのカロリーは156kcalで、炭水化物は30.6g。



さっそく袋から取り出してみると、きなこのほんのり甘くて香ばしいかおりが広がります。アイスは薄い茶色でまさにきなこ色。iPhone 7と比べると横幅は同じくらいですが、縦は短めです。



一口食べてみると、中から真っ白なもちのようなものが顔を出します。



これにかぶりついてみると、本物のもちのように弾力があり、若干ではあるものの伸びました。表面のコーティング部分はしっかりきなこ風味なので、アイスを食べているはずなのに味わいは完全にきなこもちです。



もち菓子が入っているのはガリガリ君の上辺だけで、その下からきなこ味のかき氷が顔を出しています。



もち菓子はほんのり伸びるのですが、本物のもちのような弾力や粘りはなく、数かみすると口の中でスーッと溶けていきました。



もち菓子部分を食べ終えると、ぎっしりと詰まったきなこ味のかき氷が登場。ここではいつものガリガリ君のガリガリ食感が存分に楽しめます。



このきなこ味のかき氷の中には黒みつソースが入っており、ここからテイストが「きなこ餅」から「黒みつきなこアイス」に変身。ガリガリ君特有の食感と、やさしくあっさりとしたきなこアイス、そしてトロリと甘いリッチな黒みつソースの相性は抜群です。



黒みつソースはたっぷりかき氷の底まで入っているのですが、もち菓子部分では一切姿を現わさないので「どうせならもち菓子と一緒に食べられたらよかったのに……」と、つい思ってしまいます。



なお、「ガリガリ君リッチ 黒みつきなこもち」は税別130円です。