川口春奈

写真拡大

川口春奈と山崎賢人のW主演で映画化される『一週間フレンズ。』のバレンタインイベントが2月6日にTOKYU PLAZA 銀座で行われ、主演の川口をはじめ、松尾太陽、上杉柊平、高橋春織が登壇した。

この記事(『一週間フレンズ。』バレンタインイベント)のその他の写真

この日は、本作に込められた「想いは叶う」というメッセージに基づき、キャストと同世代の恋に仕事にがんばる20代女性をお客さんに迎え、リアルな恋の悩みに登壇者たちがお答えするという催しも。「自分から告白したことがありません。フラれるのが超絶怖く、勇気が出ません」という悩みに、「僕も恋にあまり積極的ではないので、自分からはなかなか言えないと思うんですよね」と答えた松尾。すると川口と高橋が、そんな松尾に「自分から言いなさいよ!(笑)」とツッコミ。「私だったら好きな人を誰かに取られてしまうんじゃないかなと心配になっちゃうと思うんですよね。それでもいいなら、言わなくていいと思いますが、今しかないので、チャンスを逃さないでほしいです! 後悔しないように」と川口からは背中を押すコメントも。

また、「好きな人を狙っている人がたくさんいるのですが、振り向かせるためにどうアプローチしたらいいですか?」という相談には、「たまに声をかけたり、ボディタッチしてみたり、アピールするしかないですよね?」と高橋が真剣に答え、上杉からは「ほかの人と差をつけられるとグッときますよね」と男性目線のアドバイスが寄せられていた。

そうした中、2月10日に22歳の誕生日を迎える川口へのサプライズが! 本作の主題歌を担当したスキマスイッチの大橋卓弥と常田真太郎がバースデーソングを歌いながら花束を持って登場! 続いて主題歌「奏(かなで) 」を特別な弾き語りバージョンで披露すると、そのパフォーマンスに川口は終始感動しっぱなしで、目からはいつの間にか涙が…。

パフォーマンス終了後には「びっくりしました。『奏』は大好きな歌。『一週間フレンズ。』と歌詞もすごく合っていると思うので、すごく大事な作品に、大好きな曲を使わせていただいて光栄です」と涙ながらにコメント。最後に作品について「切ないですけれど温かい世界感になっていると思うので、ぜひ見ていただけたら嬉しいです」とアピールしていた。

『一週間フレンズ。』は2月18日より全国公開となる。