亀梨和也の紳士的な一面を紹介した土屋太鳳

写真拡大

 俳優の亀梨和也が7日、東京・丸の内ピカデリーで行われた映画『PとJK』の舞台あいさつに出席。本作で真面目な警察官を演じた亀梨は、「セクシーが常に出てしまいがちなので、そこは監督の指示でぐっと抑えてやらさせていただきました」とユーモラスに撮影現場を振り返って観客の笑いを誘った。

 本作は三次マキの人気コミックを実写化した恋愛映画。イケメン警察官・功太(亀梨)と女子高生・カコ(土屋太鳳)の夫婦が、年の差やさまざまな困難に立ち向かいながら絆を深めていくさまを描く。亀梨は本格的な恋愛映画初挑戦となる本作で、短髪&黒髪の誠実な警察官を熱演している。

 今回の役作りについて聞かれた亀梨は「監督とお話しさせていただいて、ファンタジーな作り方をするのではなく、警察官としてのリアルを求めました」と述懐。そんな亀梨について土屋は「クールでいらっしゃるかと思いきやすごく面白い部分を持たれていて」と楽しそうに明かしつつ、撮影中の様子についても「心の中も身のこなしもレディーファーストといいますか。大人の男性の方ってすごいと思いました」と亀梨の紳士的な一面を紹介した。

 イベント中にも、言葉に詰まった土屋を優しくフォローする姿を見せていた亀梨。冒頭のあいさつで亀梨に続いてマイクを握った土屋が、スピーチをうまく締められず言葉に悩んでいると、すかさず「この後(トークで)しゃべれるから」と助け舟を出して、場を和ませていた。この日は、ほかに高杉真宙、玉城ティナ、西畑大吾、大政絢、村上淳、廣木隆一監督も出席した。(取材・文:中村好伸)

映画『PとJK』は3月25日全国公開