土屋太鳳は亀梨和也との共演に「王子様に出会うってこんな感じ?」

写真拡大

別冊フレンドで連載中の大人気コミックを亀梨和也と土屋太鳳主演で映画化した『PとJK』(3月25日公開)の完成披露試写会が2月7日に丸の内ピカデリーで開催され、亀梨と土屋をはじめ、高杉真宙、玉城ティナ、西畑大吾(関西ジャニーズJr.)、村上淳、大政絢、廣木隆一監督が登壇。土屋が「大人の男性の方ってすごいと思った」と亀梨との共演の感想を語った。

【写真を見る】土屋太鳳、ウェディングドレスのようなふわりとした白の衣装で登場!ティアラもキュート

本作は、仕事に真面目な警察官・功太とピュアで真っ直ぐな女子高生・カコが織りなすキュートな恋愛映画。この日は“完成披露パーティー”と称して、豪華キャスト陣がドレスアップして登場。亀梨はスーツ姿でカッコよく。土屋は白のミニドレス&頭にはティアラを飾って、輝くような笑顔で会場を魅了した。

亀梨にとって、本格的な恋愛映画は今回が初めて。司会から「セクシーでスマートな亀梨さんのイメージとちょっと違った、真面目な警察官を演じた」と紹介されると、亀梨は「自分のイメージはなるべく漏れ出ないように気をつけました」とにっこり。「セクシーが常に出てしまいがちなので、監督の指示のもとグッと抑えました」と話して会場の笑いを誘っていた。

これには土屋も大爆笑だったが、「クールかと思いきや、すごく面白い部分を持たれている」と亀梨の印象を吐露。「大人の男性の方ってすごいんだなと思ったんです。心も行動も身のこなしもすごくレディーファースト。王子様に出会うってこんな感じなのかなって、カコちゃんをうらやましく思って撮影していました」と続けると、亀梨は「セクシー出ちゃってた?」と楽しそうに語っていた。

同じ事務所の西畑も、「功太ではなく、亀梨くんは本当にセクシーでスマートだった」と役柄を離れた亀梨のセクシーオーラに驚愕。控え室で誰も話さない状況だった時に、亀梨から「西畑くんダメだよ。ジャニーズなんだから。エンターテイナーなんだから盛り上げないと」と声をかけられたそうで、「そこから『頑張ろう』と思って、じゃんけんから交流を始めた。亀梨くんのおかげで仲良くなれた。ありがとうございます!」と先輩のアドバイスに感謝しきりだった。【取材・文/成田おり枝】