写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●ダニは「あの臭い」に寄ってくる
レイコップ・ジャパンは2月7日、ふとんクリーナーの新モデル「レイコップ RX」を発表した。価格はオープンで、市場想定価格は税別64,500円前後。発売は2月23日を予定している。

レイコップといえば、ふとんを叩きながらゴミやダニを吸引するほか、UVランプによる除菌機能の搭載で人気があった。今回の新モデルはさらに「脱臭 (まくらモード)」をはじめとした3つの新機能を搭載している。

○光クリーンメカニズムとは

レイコップシリーズといえば、全製品共通で「光クリーンメカニズム」を搭載していることが特徴だ。光クリーンメカニズムとは、紫外線による「除菌」、物理的な「叩き」、さらに「吸引」の3つの働きにより布団をキレイにする仕組みのこと。紫外線には253nm (ナノメートル) という波長のUV-Cランプを採用。同社によると強い紫外線を至近距離から布団に当てることで、99.9%の除菌が可能だという。さらに、紫外線の照射によって、ダニの動きを弱めることができると説明する。

ちなみに、UV-Cランプではふとん表面のダニしか弱らせることはできない。ただし、同社によるとダニは食事である人間のフケやアカのある布団表面に集まる性質があり、布団表面をケアすることにより、かなりの割合でダニ対策ができるという。

○ダニは加齢臭に寄ってくる

さらに衝撃的なのが、同社の研究開発の内容だ。なんと、ダニは加齢臭の原因の一つである「ノネナール」の臭いに引き寄せられるのだという。つまり、加齢臭のする枕には、より多くのダニが潜んでいる可能性があるというのだ。

そこで、新モデルのレイコップ RXには新しく「まくらモード」が搭載された。これは、従来からあった熱風を布団に吹き付ける「ドライエアブロー」に、除菌能力のある「ホメスタイオン」を発生させる機能を組み合わせたモード。ドライエアブローが70℃の温風でまくらの湿気を除去しつつダニを弱らせ、ホメスタイオンがイオンと脱臭オゾンの力で除菌や脱臭を行うという。

「まくらモード」の使い方は非常に簡単。まくらの上にレイコップ本体を置き、まくらモードで3分間運転するだけだ。本体を前後に操作する必要はなく、まくらの上に放置しておけるので、手軽に使えそうだと感じた。

●電源コードの接続が不要に
○手軽に操作できるよう進化

また驚いたことに、レイコップ RXはシリーズとしては初めてコードレス化した。コードがないことで取り回しがラクになっている。満充電までの充電時間は約3.5時間。フル充電時は約40分間の連続使用が可能だという。

もう一つの新機能が「自動モード」の搭載。これは、寝具の通気性をセンシングすることで、自動的に吸引やブラシの回転速度を制御するモードだ。これにより、効率的にダニやゴミに対応しつつ、寝具を傷めることがないという。また、薄い寝具でも「吸い付きすぎない」ため、操作性もアップしているという。

○細かな操作性もアップ

新モデルの大きな改良点は、ここまで紹介した通りだが、このほかにも細かな点が使いやすくなっている。一つが「アクティブパンチブラシ」だ。従来のレイコップは、回転ブラシと叩き用のパーツが別々に搭載されていた。しかし、新型のアクティブパンチブラシは、回転ブラシに18個の「叩き」用の突起を装備。回転ブラシと叩き用のパーツを集約している。これにより、1分間に45,000回という素早い動作が可能となった。

また、従来までは必ず温風が吹き出ていた「ドライエアブロー」機能は、送風運転も可能になった。これにより、暑い夏でも布団を暖めることなく、風圧だけで一定の湿気を除去できるという。

(倉本春)