【会見】デンマークのメッテ・ボック文化大臣「さらなる協力の機会となることを心から期待しております」

写真拡大

▽日本サッカー協会(JFA)は7日、デンマークサッカー協会(DBU)とパートナーシップ締結を発表し、協定調印式を実施した。

▽調印式に参加したデンマークのメッテ・ボック文化大臣は会見で次のようにコメントしている。

◆メッテ・ボック文化大臣(デンマーク)

「両サッカー協会の会長に、お互いのパートナーシップをお祝いしたいと思います。この協定は、両協会がサッカーの促進、国際協力の促進に向かってのコミットの表れだと思います。みなさまのご尽力に感謝しています。2017年は日本とデンマークにとって特別な年になります。150年前に両国は外交関係を結びました。スポーツは人々を近づけることができます。人なくしては友情はありません」

「今回の協定は両協会間で交わされますが、公式で強力な関係を示すだけのものではないでしょう。人と人の関係、これこそさらに強くなり、さらに密になっていると思います。この署名で、日本とデンマークの協力関係が2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けてさらに強くきっかけとなるでしょう。さらなる協力の機会となることを心から期待しております。心から応援しております」