関西在住の人なら思わず節をつけて口ずさんでしまう「かんさいでんきほ〜あんきょうかい」のフレーズを使ったCMで知られる一般財団法人・関西電気保安協会が、「GUARDIATOR(ガーディエイター)」という映画予告編っぽい映像を公開しています。名前は、怯まぬ鋼の意志を持つ守護者(GUARDIAN)と、勇敢なる魂を持つ剣闘士(GLADIATOR)に由来しているとのことで、これまでの関西電気保安協会のイメージがガラガラと音を立てて崩れ去りそうな、本格派ムービーに仕上がっています。

【公式】関西電気保安協会 「GUARDIATOR(ガーディエイター)」 映画予告篇風ムービー - YouTube

夜の大阪の町



そこへ現れたのは謎の電気の怪人。



まるで骸骨のような不気味な顔をしています。



怪人が放つ光線から逃げ惑う人々。



その中に一人の青年の姿が。



怪人の攻撃は人々に対するものだけではありませんでした。



オフィス街では停電が発生。



活気溢れる新世界も……



灯が消えてしまいました。



対策は取られているようなのですが……



怪人はなおも猛威を振るいます。



次に立ち上がったのは青いジャンパーの男性。



慌ただしく人が行き来する中……



ホアンくんの出番が近づいているようです。



一方、話はまた先ほどの青年へ。「お前に何ができるんだよ」という問いかけに「関西を守る。それだけだ」と力強く答えます。



がんばる関西電気保安協会の職員



彼女からも「あなたは関西を守って」と背中を押されました。



「これだ」と、何らかの解決法が見つかったようです。



「頼んだぞ」という言葉に「はい!」と答え……



ヘルメットを手に取る青年。



彼の名は只野元気。彼もまた、関西電気保安協会の人だったのです。





映画「アルマゲドン」を思わせるような出動。





なおも暴れる電気の怪人。





「いけぇー!」の叫び。彼らは怪人を止めることができるのか。



「GUARDIATOR」



「関西電気保安協会」



「電気は正しく安全に」



……ということで、実は登場する主要なキャラクター達の名前には「関」「西」「電」「気」「保」「安」「協」「会」という文字が一文字ずつ入っていたのです。



スペシャルサンクスには滋賀県、滋賀ロケーションオフィス、神戸ウイングスタジアム、神戸フィルムオフィス、大阪フィルム・カウンシル ボランティアエキストラの皆様、滋賀ロケーションオフィス サポーターの皆様が名を連ねています。



特設サイトも設けられていて、それぞれのキャラクターについてちょっとだけ深く知ることができます。

GUARDIATOR[ガーディエイター]-電気は正しく安全に-|関西電気保安協会

http://www.guardiator2017.jp/

なお、「関西電気保安協会」のテレビCMは一部が公式にYouTubeで公開されています。どんなものがあるのかは、以下にまとめられています。

テレビCM | 関西電気保安協会

http://www.ksdh.or.jp/service/pr/cm.php