2017年2月2日から5日まで幕張メッセで開催された「ジャパン キャンピングカーショー2017」。例年よりも軽キャンパーが少ないように感じましたが、ここ数年のブームは沈静化しつつあるのでしょうか。

1

軽キャンパーを投入しているビルダーをはじめ、軽キャンパーから大型のフルコンバージョンを揃える販売代理店、来場者の方にも話を伺いました。分かったのはブームから定番化していて、すっかり選択肢のひとつとして定着しているというのが実感です。

いままで軽キャンパーを支えてきた熟年層だけでなく、若い夫婦や小さな子どもがいるファミリーにも人気。イニシャルコストが抑えられる点と維持費が抑制できるのが大きいそうです。

また、可愛らしいデザインで若い層から注目を集めているモデルもあります。ナッツRVの「スピナ キャルルック」は車名のとおり、VWワーゲンバスのキャルルック仕立てで、ベースはスズキ・エブリイ(日産クリッパー)。

全長3395×全幅1475×全高1980mm。青いボディカラーのデモカーは359万円〜という設定になっています。大人2人+小さな子ども2人までくらいでなら何とか楽しめそうな一台でもちろん、普段使いにも対応します。

 

RVランドと共同ブースを展開した香川県の岡モータース。上の写真は、「ミニチュアクルーズ」シリーズの「デニム・エディション」。デニム調のシート生地をはじめ、リフトアップされた外観が特徴で、若い男性グループが熱心にチェックしていました。標準装備はエアコン、常設ベッド、収納庫などで、ルーフボックスは46万円(税別)のオプションとなっています。

 

グリーンの軽キャンパーは、愛らしいルックスで人気の「テントむし」。鹿児島のバンショップミカミがリリースしているロングセラーモデルで、トミカのミニカーにもなったことで知られています。「テントむし Sタイプ(376万560円/税込)」のほか、牽引免許不要で牽引可能な「コロ(176万8000円)」を出展。軽キャンパーに余裕のある空間を提案しています。

(文/写真 塚田勝弘)

軽キャンパーはブームから個性を競う時代へ!?【ジャパン キャンピングカーショー2017】(http://clicccar.com/2017/02/07/443279/)