写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●若者のパソコン離れの深刻度
NECパーソナルコンピュータは7日、2017年春製品として18モデルを追加し、全45モデルを展開すると発表した。特に力を入れるのは、4代目「LAVIE Hybrid ZERO」と新製品の「LAVIE Note Mobile」。いずれも学生向け商品としての位置づけだ。若者のパソコン離れが進む中で、同社はどう学生を取り込むのか。

○進む若者のパソコン離れ

近年、若者のパソコン離れが進んでいると言われている。少し古いが、同社が引用した資料によると、13〜15歳は7割、16〜19歳は3割がパソコンの非所有者となっている。若者のパソコン離れが進んでいるとすれば、さらにこの数値は高まっていると見るべきだろう。 理由として考えるならば、スマートフォンが登場したことに尽きる。外出時に手軽に持ち運べるパソコンの代替的存在と考えれば、パソコン離れが進んだのも納得できるところだ。

しかしながら、スマホ偏重の利用は、就職してから困ってしまう。デスクワークはパソコンありきで始まるものだからだ。そして、若者のパソコン離れの影響は、企業の採用現場からも声が挙がっている。

同社の調査結果によると、学生のパソコンスキルは「下がっている」「やや下がっている」が全体の半数近くに迫っており、「マウス操作もわからない新人がいた」「画面をタッチするとカーソルが動くと思っていた」といった人もいるようだ。

後段に記すとおり、この何気ないデータの取り出し方には、同社のメッセージが隠れているように見えて仕方がないのだが、いずれにせよ、若者のパソコン離れを逆に捉えれば、市況開拓の余地が大きいことになる。同社が春製品で学生向け商品に力を入れるのも、そうした理由からにほかならない。

ただし、特長をつけなければ学生には振り向いてもらえない。これまでもキャンペーンレベルでは学生向けに展開してきた同社だが、今回は開発の段階から学生向けに取り組んだことが従来とは大きく異なるところだ。

●売り込む相手は誰なのか
○開発で重視したこと

同社が開発に当たって重視したのは携行性である。パソコンを持ち歩く人が減ったのは、重い、場所をとる、というデメリットがあったからだ。そこで同社は学生がノートパソコンに求める第一のニーズとして"モビリティ"を置き、軽さにこだわった開発を進めた。「LAVIE Note Mobile」については、女子大生の声を反映したものとなっている。

「LAVIE Hybrid ZERO」は最軽量モデルでは約769g。13.3インチサイズで世界最軽量を謳うほどだ。「LAVIE Note Mobile」は少し重くなるが、それでも約904g。いずれの製品も軽さには目を張るものがあり、「これなら持ち運びが苦にならない」と素直に思わせてくれる製品になっていた。

○誰に売るのかが重要

課題をあげるとすれば、誰が買うかであろう。もちろん、学生向けの製品であり、学生が使用するのであるが、自由になるお金の少ない学生が果たして買えるかが問題だ。

いずれも最安モデルの市場想定価格となるが、LAVIE Hybrid ZEROは16万4,800円前後(3月2日発売)、LAVIE Note Mobileは10万4,800円前後(3月16日発売)。いかに軽いからとはいえ、購入するのは、1にスマホ、2にパソコンという順番は揺らぎそうにない。スマホに加えて、上記の値段を学生が出すのは無理に近い話だ。

となると、お金を出すのは保護者。言うまでもないかもしれないが、学生向けパソコンを売るには、学生のみならず、保護者をいかに口説くかにもかかっていそうだ。

そこで同社が紹介したのは、あんしん保証サービスである。同サービスでは、通常の1年間の無償保証に加えて、1回当たり10万円までの修理であれば、無償修理を行うというもの。3年版、4年版、5年版があり、高校、大学、高専の一般的な在学期間をカバーできるものとなっている。

こうして考えると、一連の発表内容が放つメッセージは、学生に向きつつも、お金を出す保護者にも向けたもののように思えてならない。それは「パソコンが使えないと就職してから困りますよ。大学生活でパソコンに慣れてもらうには、お子さんが望む持ち運びしやすいものがいいですよ。在学期間は保証がきくうちの製品がいいいですよ」といったものだ。こうしたがメッセージがどれだけ多くの保護者に届き、心に響くのか、そこに新製品の成否がかかっていそうだ。

(大澤昌弘)