6日、韓国・NEWSISによると、全羅南道・麗水で60代の男性が市内バスの中でシンナーをまいて火を付け、乗客7人が火傷を負った。

写真拡大

2017年2月6日、韓国・NEWSISによると、全羅南道(チョルラナムド)・麗水(ヨス)で60代の男性が市内バスの中でシンナーをまいて火を付け、乗客7人が火傷を負った。

6日午後6時33分、麗水市鶴洞(ハクトン)のバス停に停車したバス内で、ムン容疑者(69歳、男性)がシンナーをまいて火を付けた。その後駆け付けた消防車3台と消防隊員らにより10分後に鎮火したが、乗客約30人のうち7人が煙を吸ったり打撲したりするなどして病院に運ばれて治療を受けた。

ムン容疑者はその場で現行犯逮捕され、20リットル容器2個に入れたシンナーを運転席の後ろにまいた後に火を付けたことが明らかになった。警察の取り調べに対し、ムン容疑者は「自分の土地が3000〜4000坪あるが、国が収用したのに保障をしっかりしてくれなかった」と供述しているという。

消防当局によると、バスは圧縮天然ガス自動車(CNG車)で、迅速に鎮火されていなかったら大きな人命被害につながる可能性もあったという。

警察はムン容疑者を放火の疑いで立件、正確な事件の経緯を調査している。

これを受け、韓国ネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「確か(2008年2月10日の)南大門(ナンデムン)放火も補償がらみだった。絶対に許してはいけない」
「他人に迷惑をかけるのは最悪」

「国が補償してくれないなら大統領府に行くべき」
「政局が混乱してるから変な人が大暴れ」
「法がしっかりしてないから事件が起こってばかり。どこが終わりなんだろう?ホントにもどかしい国」

「この国に大人などいない」
「こんなお年寄りはどうしたら…。人生100までという言葉が恐ろしい。まともに生きられずに化け物になってしまった人間はまさにゾンビ」(翻訳・編集/松村)