意外なところで見たことがあるかも…?

9to5MacやThe Vergeによって、Apple(アップル)が新たに「Ultra Accessory Connector(UAC)」という端子を、MFi認証の対象にくわえようとしていることが伝えられています。MFi認証とは、Appleが独自で行なっている認証プログラムで、品質の基準をクリアしたものに与えられるもの。よくLightningケーブルのパッケージに「Made For iPod/iPhone/iPad」というステッカーが貼られていますよね。

しかし、このUACという端子は新しく登場する/したものではありません。実はすでに、ニコンのカメラなどにはUACと同じ形の「ミニ8ピン 平型」が採用されているんです(画像上)。UACは単にそれに新しい名前をつけたっていうわけです。そういえば、カメラってこんな小さい謎のケーブルを使うことがありましたね…。

そしてこのUACはLightning端子と置き換わってiPhoneやiPadに採用されるのではなく、ヘッドホンケーブルの変換に採用されるとのことです。実際どのようなUACの製品が計画されているのかわかっていませんが、Lightning端子のヘッドホンやUSB Type-C端子のヘッドホンを、異なる端子でも利用できることが期待されています。

今回のUltra Accessory Connector(UAC)のMFiへの追加という情報は、互換性を向上させるために決して悪い話ではありません。しかし3.5mmジャックのアナログコネクタに比べて、なんと面倒くさい時代になったことか。身の回りをApple製品で統一している僕ですら「もう全部USB-Cコネクタに移行したら…」なんて思ってしまいますね。

・Apple、ARMチップ「T310」を新型MacBook Pro用に開発中?

image: Amazon via The Verge
source: 9to5Mac, The Verge

(塚本直樹)