写真提供:マイナビニュース

写真拡大

コーソルとアイビーシー(IBC)は2月7日、データベースの運用管理ソリューションにおける協業を開始すると発表した。

企業システムは、貴重な情報資産を管理するデータベース(DB)が不可欠であり、景気の善し悪しに関わらず情報(データ)量は増え続けている。だが、システム運用において特に専門知識を必要とするデータベース分野は、ITシステムの中核的な存在にも関わらず経験豊富な人材獲得は非常に困難であり、多くの企業が運用上の課題を抱えているという。

コーソルは、10年以上データベースの設計、構築、運用、保守に関する「サービス」を軸に事業を行う企業。一方のIBCは、自社製品の「System Answer シリーズ」を利用したネットワーク診断サービスを通じて、インフラ環境全体の安定稼働促進を行う企業だ。

今回のIBCとの協業では、コーソルが蓄積した多様なDBノウハウと「System Answer(システムアンサー) シリーズ」を組み合わせ、収集した性能情報をもとにしたデータベースの予兆検知ソリューションを提供する。また、Oracle(オラクル)をはじめとしたさまざまなデータベース製品やミドルウェア製品への構築や運用サービスの拡充を行う。両社の連携によって、データベース運用における障害の予防保全への対応を強化する。

また、今後は「System Answer シリーズ」のOracle監視機能の充実や、データベースを含めたシステム全体の分析コンサルティングの共同提供に取り組んでいく。

(山本明日美)