「シボレー  コルベット グランスポーツ コレクター エディション」(ゼネラルモーターズ・ジャパンの発表資料より)

写真拡大

 ゼネラルモーターズ・ジャパン(GMジャパン)は7日、ピュアスポーツ限定モデル「シボレー コルベット グランスポーツ コレクター エディション」の販売を開始した。世界限定1,000台のうち国内発売は5台のみとなり、シリアルナンバーを記したバッジがセンターコンソールに装着される。

【グランスポーツは】シボレー、新型「コルベット グランスポーツ」発売、5年ぶりに復活

 シボレー・コルベットは、1954年に販売を開始したスポーツカーで、基本性能からの優秀さで知られており、現行モデルは2014年に販売が開始された7代目。今回発売されるコレクター エディションのベースとなる「グランスポーツ」は、スポーツカーレース参戦を目指し、1963年にわずか5台のみ製造された特別なコルベット・プロトタイプから名称が取られており、昨年11月に5年ぶりに復活。コルベット史上「最も純粋なスポーツモデル」として、自然吸気でパワフルな6.2L V8 LT1エンジンに、究極の軽量エアロダイナミクスボディ、レース技術を最大限に活用したシャシーシステムを組み合わせている。

 「コレクター エディション」では、高性能スポーツモデル「グランスポーツ」から、エクステリア・インテリアをさらにレーシーかつ精悍に仕上げ、プレミアム感を高めている。ボディカラーは、ワトキンスグレングレーメタリックを採用。鮮やかなテンションブルーのフェンダーハッシュマークをあしらい、エンジンフードからリアハッチにかけてはサテンブラックストライプを施した。ホイールにはカップスタイルのブラックホイールを装備。インテリアは、限定車特別カラーとしてテンションブルーのレザー&スウェードでラッピングし、インテリアに調和するブルーのアクセントステッチで縫製を施している。

 メーカー希望小売価格は1,277万円(税込)。