「Jリーグマスコット総選挙2017」の中間発表が行われた

写真拡大

 Jリーグは7日、公式ツイッター(@J_League)で「Jリーグマスコット総選挙2017」の中間発表を行った。今回は49位から24位までの発表となり、最上位となる24位にランクインしたのはサガン鳥栖のマスコット・ウィントスだった。なお、23位から1位までの中間順位は明日夕方の発表を予定している。

以下、49位から24位までの中間順位

24位:ウィントス/鳥栖

25位:ディーオ/山形

26位:アルビくん/新潟

27位:モーヴィ/神戸

28位:ゲンゾー/金沢

29位:ゆないくー/鹿児島

30位:ガミティ/相模原

31位:ロアッソくん/熊本

32位:アビーくん/福岡

33位:コトノちゃん/京都

34位:キングベル祇/湘南

35位:ファジ丸/岡山

36位:フリ丸/横浜FC

37位:トッキー/栃木

38位:ホーリーくん/水戸

39位:ギラン/北九州

40位:伊予柑太/愛媛

41位:ライカくん/富山

42位:レディア/浦和

43位:名前は公募中/琉球

44位:ガイナマン/鳥取

45位:ブラウゴン/秋田

46位:ミナモ/岐阜

47位:ヴェルディ君/東京V

48位:湯友(ゆうと)/群馬

49位:Jリーグキング/Jリーグ