美女と野獣

写真拡大

世界中で愛され続けている「美女と野獣」が最高のスタッフとベル役にエマ・ワトソン(『ハリーポッター』シリーズ)を迎えて全世界待望の実写映画化! いよいよ本作の日本版本ポスターが解禁となった。

そこには映画の象徴ともいえる色鮮やかなイエローのドレスを身にまとった"ベル"と醜い"野獣"の姿。ポスター上部は背を向け、俯き、感慨深い表情を浮かべる二人が描かれ、一方で下部は本作で最も有名なボールルームでのダンスシーンを思い出させる煌びやかで躍動感がある愛に溢れたビジュアルと、対照的なものになっている。

今回、エマ演じるベルは才能にあふれ、進歩的な考えを持ち、閉鎖的な村人たちになじめずにいる村娘。"人と違う"ことによる孤独と向き合い、かけがえのない自分の個性を信じる聡明な女性だ。そんな彼女が偶然出会い心通わせていくのが、魔女の呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまったダン・スティーヴンス(『ダウントン・アビー』)演じる王子。魔女のかけた呪い以上に、"人と違う"外見に縛られ、本当の自分を見失い、自身の価値を見出せずにいる。彼の姿は一見パーフェクトに見えるベルの心の裏側にひそむ寂しさや不安の現れでもあり、"美女"と"野獣"は相反するように見えて、実は同じ思いを抱えているキャラクターなのだ。今回解禁したポスタービジュアルではそんな二人が抱える孤独、理解しあえる相手に巡り合えた奇跡と愛を物語った仕上がりとなっている。

本作ではエマやダンに加え、ルーク・エヴァンス(ガストン役)、ユアン・マクレガー(ルミエール役)、エマ・トンプソン(ポット夫人役)、イアン・マッケラン(コグスワース役)など、絢爛豪華な実力派スターが結集。監督と脚本を務めたのは、大ヒットミュージカルを映画化した『シカゴ』や『ドリームガールズ』などで知られるビル・コンドン。そして、なんといってもディズニーの『美女と野獣』の魅力は、アカデミー賞/ゴールデングローブ賞/グラミー賞を総なめにした極上のミュージカルナンバー。アラン・メンケン(作曲)とハワード・アシュマン(作詞)によるアニメーション版からの楽曲に、メンケンが新たにティム・ライス(作詞)と組んで作り上げた3曲の新曲が加わり、より華やかさと深みを増した音楽が、世紀の映像体験を約束してくれる。

ディズニーが贈る完全実写版『美女と野獣』は4月21日(金)全国公開。(海外ドラマNAVI)