ガラスやボディにダメージのある「飛び石」は防げないのか?

写真拡大 (全6枚)

できるだけ石を飛ばしそうなクルマの後ろを走らない

高速道路を走っていると、突然ピシッと音がしてガラスにヒビが。心臓にも、財布にも、そしてクルマにも悪い飛び石だ。

中国古来の礫(つぶて)術のように、もの凄い速さで飛んでくる石はまさに凶器だ。けっこうな確率で経験した方も多いだろう。ちなみに最近では軽量化のためガラスの板厚も薄くなっているので、なおさら割れやすい。

そもそもどこから石は飛んでくるのか? 沿道の畑などからではなく、その多くはタイヤに挟まった石が遠心力で取れたもの。高速で回るタイヤから発射される形になるので、凶器のようになるのだ。

防ぐ方法は基本的にはなし。超高速で飛んでくる小さな石を見られるわけもなく、見えてもそれを避けるのも無理だし、もしできても危険だ。回避する方法はただひとつ。怪しいクルマの後ろにつかず、さらに車間距離を取ることだけだ。

ここでいう怪しいクルマとは、主にトラックなどの大型車。ただトラックは砂利道は基本的に走らないので、タイヤに石が挟まることはあまりない。要注意はダンプカーだ。

さらにダンプの場合、荷台からポロポロと小石が落ちてくることもある。これでガラスが割れることはないものの、塗装にキズは付くことがあるので、やはり後ろにつかないほうがいい。

車種によってもダメージは異なる

また超根本的な策として、クルマを選ぶときにフロントウインドの傾斜にこだわるというのもありかもしれない。実際、それだけでクルマを選ぶひとはいないだろうが、戦車の防弾性と一緒で傾斜していれば弾き流せる。

逆にワンボックスのような立っているものは正面から衝撃を受けやすく、割れやすいというわけだ。

ちなみに筆者はちょい前の欧州車ばかり乗っているが、じつは人生で一度も飛び石でガラスが割れたことがない。おいおい、テク自慢かよ、と思うなかれ。ピシッと当たったことは何度もあるが、割れないのだ。

野暮ったく板厚があるだけかもしれないが、日頃から国やメーカーなどによってもガラスの質に違いがある気はしている。

最後に割れてしまったらどうするか。線状にヒビが走っているものはリペア不可、交換しかない。以前のように特例はなくなってきているが、車両保険が使える。

また点で、ガリッと欠けたり、えぐれているものはリペアできる可能性は高い。ガラス専門店などで樹脂を注入して直しもらうのだが、できるだけ早く持ち込むのと、内部にゴミや汚れが入らないように(樹脂の定着が悪くなるため)、テープを貼って持ち込むといいだろう。

もちろん完全には直らないし、かなり見えにくくもなる。リペアというのはあくまでも、これ以上被害が拡大しないようにする強度回復のためにのものと考えたほうがいい。