防弾少年団 ジョングク、高校卒業の感想を述べる「入学式に出席したのがつい最近のよう」

写真拡大

防弾少年団のジョングクが高校卒業の感想を述べた。

ジョングクは7日午前11時から行われたソウル公演芸術高等学校の卒業式に出席し、高校を卒業した感想を述べた。この日卒業式には、末っ子のジョングクの卒業を祝うため、防弾少年団のメンバー全員が集まった。

この日ジョングクは「制服を着て卒業式に出席すると、やっと卒業を実感できる」と話し始めた。「入学式に出席したのがつい最近のようだ」と言っていた彼は「3年間、学校生活ができるよう手を差し伸べ先導してくださった先生に、心から感謝する」と述べた。

ジョングクは15歳で防弾少年団のメンバーとしてデビューし、高校に1年遅く入学した。現在19歳で高校を卒業することになった。

これについてジョングクは「やっと本当の大人になったようだ。今後もっと責任感を持って言動し、成長した姿をお見せたい」と伝えた。

防弾少年団は13日に「WINGS外伝:You Never Walk Alone」を発売する。