【圧倒的13分間】レディー・ガガがスーパーボウル ハーフタイムで披露したパフォーマンスに度肝を抜かれる! 1分たりとも見逃せない豪華演出です

写真拡大

アメフトのプロリーグ、NFLの優勝決定戦である「スーパーボウル」はアメリカの国民的スポーツ行事。勝負の行方はもちろん、話題となるのが超豪華ゲストを招いたハーフタイムショーです。

ビヨンセさん、ブルーノ・マーズさん、そして “キング・オブ・ポップ” マイケル・ジャクソンさん。これまで名だたるアーティストがパフォーマンスを披露してきたステージに今年登場したのは、レディー・ガガ様!

現地時間2017年2月5日、NRGスタジアムで開催された第51回スーパーボウルのハーフタイムショーが、YouTubeに投稿されておりました。

【すんごいところに立ってます】

ステージの幕が上がったのは、第2クオーターが終わった後。満天の星空と美しい夜景をバックに登場したガガ様に、会場からは大歓声が上がります。

『ゴッド・ブレス・アメリカ』『ディス・ランド・イズ・ユア・ランド』を力強くドラマティックに歌いあげるガガ様が立っていたのは、開放されたNRGスタジアムの屋根のヘリの部分。歌い終わった次の瞬間、ガガ様は真下に広がるスタジアムへピョーンと飛び込んで行かれたのでありました。

【ヒット曲メドレーに観客大盛り上がり!】

見事なワイヤーアクションを披露しながら、会場内のお立ち台へと着地。ド派手な装飾が施されたステージ上では、『ポーカーフェイス』『ボーン・ディス・ウェイ』『テレフォン』『ジャスト・ダンス』と、誰もが耳にしたことのあるヒット曲が次々披露されていきます。

会場も大盛り上がりだったようですが、動画を観ているだけで自然と体が動いてしまうし、気がつけば一緒に口ずさんじゃう♪

【ラスト曲はあのダンスナンバー☆】

アップナンバーでスタジアムを熱気に包んだ後は、『ミリオン・リーズンズ』をピアノ引き語りで披露して、一気にしっとりとしたムードへ。

約7万人の観客ひとりひとりが手にし揺らしているのは、灯りをともしたスマホの画面。スタジアム中が光で埋め尽くされていく様子に気がつけばうっとり、魅入られてしまいました。

これで終了するのかと思いきや、最後は『バッド・ロマンス』で華やかにフィニッシュ。

【最後の最後までカッコイイのです】

マイクをぶん投げボールを手にしステージを後にしたその瞬間まで、1秒たりとも目が離せないっ。誰もがシビレる圧巻のステージを披露したガガ様は、間違いなくハーフタイムショーの歴史に名を残したことでしょう!

参照元:YouTube、NFL JAPAN.COM
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画を見る