チップとデールをイメージし、春らしさを演出した全8品が楽しめる「花絵巻」(3500円)/(C)Disney/写真=奥西淳二

写真拡大

ディズニーアンバサダーホテルの日本料理レストラン「花 HANA」では、3月17日(金)までの期間、チップとデールをイメージしたスペシャルメニュー「花絵巻」(3500円)を販売している。

【写真を見る】チップとデールのラングドシャがキュート!「ヌガーグラッセとラズベリーソルベ」/(C)Disney/写真=奥西淳二

「花絵巻」は、春らしさを演出した全8品がそろう昼の御膳。2月6日(月)から同ホテルに「チップとデールルーム」が登場したことにちなみ、考案されたものだ。

なかでも「前菜盛り合わせ(鴨低温煮 牛タンスモーク 白梅貝)」は、チップとデールの世界観がしっかりと伝わる一皿。パンでサンドされた牛タンのスモークは、断面で木を表現している。小ぶりだが肉の存在感が際立ち、食べごたえがある。

切り株をイメージした、いぶりがっことマスカルポーネのサンドも絶品。マスカルポーネには黒こしょうがかかり、おしゃれなビジュアルが目をひく。意外な組み合わせだが、いぶりがっこから漂う燻製の香りとチーズの味わいがマッチしていて美味!お酒のお供にも最適だ。その他、クルミを使用してチップとデールらしさを表現した、クルミ豆腐などが並ぶ。

さらに、デザート部門のパティシエが手がけた「ヌガーグラッセとラズベリーソルベ」にも注目を!ヌガーグラッセにミカンとユズを、ソルベに梅を入れることで、和風に仕上げている。ヌガーグラッセは、クリーミーかつフワフワの食感が絶妙。一口サイズではなく、満足感のある大きさのため、リッチな気分に浸れる。

ヌガーグラッセにはチップ、一緒に提供されるホットチョコレートにはデールのイラスト入りラングドシャが付いており、見た目もキュート!

3500円でこの内容、ボリュームはかなりお得に感じる。同店では半年前からこのような御膳メニューを販売しているが、女性ファンも多く好評だという。今回からデザートをパティシエが担当することになり、広報担当者は「今後も凝ったものをご提供できると思います」と胸を張る。

「花絵巻」の提供時間は11時30分から14時30分まで。「チップとデールルーム」に宿泊した際はもちろんのこと、キャラクターの世界観を感じながら、落ち着いて昼食を楽しみたい時にもおすすめだ。【ウォーカープラス編集部/水梨かおる】

※メニュー内容や価格は変更となる場合あり。コレクタブルグラスはなくなり次第終了