HoloLensでPortalを再現した力作デモ公開。『ポケレンズ』の作者が勝手移植

写真拡大

日本でも開発者モデルが解禁されたマイクロソフトの「ホログラフィック・コンピュータ」HoloLensの話題。人気ゲーム『Portal』(の一部)をホロレンズで再現するデモが公開されました。

ポータルに飛び込んでテレポートこそできないものの、現実の壁や天井にポータルを開けたり、コンパニオンキューブを放り込めばちゃんと重力で加速を得て階段や机とリアルに干渉するなど、現実と仮想を重ねる複合現実デバイスの面白さが分かるデモ動画です。



YouTubeでデモ動画を公開したのは、ARゲーム開発者の Kenny W氏。以前にもホロレンズでポケモンGOっぽいデモ『PokeLens』を公開して話題になっていた人物です。

『Portal』はゲーム配信のSteamやVRプラットフォーム SteamVRを主導するValve社の傑作ゲーム。SteamVRでもポータルの世界観が楽しめる公式ソフト The Lab がありますが、ホロレンズは現実の壁や机、階段といった環境にゲーム世界の物理を持ち込めるのが魅力です。

ホロレンズといえば、現実の空間にどこか別の空間につながったような窓を開く、まさにポータルなデモもありますが、Kenny W氏のポータル風デモではさすがにポータルの向こう側までは再現できていません。

厳密に再現するのは原理的に難しいとして、ホロレンズの環境取り込みがもっと進歩すれば、ポータルの向こう側には現実と見違えるように描画された仮想空間が広がるなど、さらに現実と仮想の境界を混乱させるデモが作れそうです。

Kenny W 氏の Githubページはこちら。前作のPokeLensデモはソースを公開していますが、ポータルデモは今のところ映像だけです。