ジュネーブで開かれているSIHH2017で発表された新作から、注目モデルを現地より発信していきます。今回は、ヴァシュロン・コンスタンタン。前年はオーヴァーシーズの一斉再編で注目を集めましたが、2017年はコンプリケーションウオッチが豊富に発表されました。「ソヌリと天体表示の出発点」という名門メゾンの新作を取り上げます。

 

リファレンス57260の流れを汲む複雑機構

ヴァシュロン・コンスタンタンが2015年に発表した史上最も複雑な時計「リファレンス57260」は、時計史上に残る傑作といっても過言ではありません。この至高のコンプリケーションの開発が、ヴァシュロン・コンスタンタンの新たなるストーリーの始まりとなったようです。

2017年のSIHHを「ソヌリと天体表示の出発点」と位置付けた通り、それぞれの機構を搭載したコンプリケーションが発表されました。この記事では、代表的なモデルを1本ずつ取り上げます。

 

開発期間に10年をかけたブランド初のグラン・ソヌリ

時打ち機構を作ることは、それだけで優れた技術力の証明となります。それは、ただ組み立てるだけではなく、目指すべき音の調整までを時計師が行う必要があるから。機構の複雑さはもちろん、精度の追求に加え、音の鳴り方・音色までもハイレベルな技術と経験が要求されます。

↑ヴァシュロン・コンスタンタン「レ・キャビノティエ・シンフォニア・グラン・ソヌリ 1860」価格要問い合わせ/Ref.9200E/000G-B099/ブティック限定ユニークピース

 

ヴァシュロン・コンスタンタンが発表した「レ・キャビノティエ・シンフォニア・グラン・ソヌリ 1860」は、オートオルロジュリー製作を得意とする同社が10年もの開発期間を経て完成させたユニークピースです。

搭載ムーブメントは、ジュネーブ・シール取得のCal.1860。合計727個に及ぶパーツを、一人の職人が500時間かけて組み上げます。サイズは直径37mm、厚さは9.1mm(ケースサイズは直径45mm、厚さ15.1mm)。時計用のパワーリザーブは約72時間で、チャイム用にも約20時間が確保されています。

 

ソヌリは、正時と15分ごとに音がなるグラン・ソヌリ、正時のみのプチ・ソヌリ、音が鳴らないサイレントをユーザーが選択可能。ファンクションセレクターをベゼルに配すという設計も大きな特徴となっています。

リューズ同軸のボタンを押すとミニッツリピーターが始動。本機では、一般的なミニッツリピーター機構で時間と分のチャイム音の間に生まれるわずかな無音状態“ファントム・クォーター”が排除されており、均一な間隔で連続性を保ったまま時を打ち鳴らすことができるといいます。

 

精緻を極めたミニッツリピーターは、使い方も繊細さが要求されるもの。ですが、本機では故障を防ぐために機構の相互干渉や、作動中のゼンマイ切れを防ぐために様々な配慮がなされています。

世界に一つしかない時計を製造する部門「レ・キャビノティエ」で作られるため、オーダーした個体はすべて世界に1本の限定品。価格は要問い合わせとなります。

 

 

同じくレ・キャビノティエから開発された圧巻のグランド・コンプリケーション

ヴァシュロン・コンスタンタンが発表した、天文表示付きコンプリケーションの最高峰モデルが「レ・キャビノティエ・セレスティア・アストロノミカル・グランド・コンプリケーション 3600」です。この時計は、表と裏に文字盤を持つデュアルフェイス仕様で、合計23もの機構が搭載されています。

5年以上の開発期間をかけて製作されたCal.3600は、514個の構成パーツを一人のマスターウオッチメーカーが組み上げます。ムーブメントは3つの独立した輪列で3種類の異なる時間を表示する機能があり、香箱も3連結された6つを格納。動力源を大型化する一方で、エネルギー消費を抑えることで約3週間ものパワーリザーブを確保し、しかも厚みを8.7mmにまで抑えています。

↑ヴァシュロン・コンスタンタン「レ・キャビノティエ・セレスティア・アストロノミカル・グランドコンプリケーション 3600」価格要問い合わせ/Ref.9720C/000G-B281/ブティック限定ユニークピース

 

表示機能は以下の通りです。

時、分、永久カレンダー、デイ/ナイト表示、高精度ムーンフェイズ、 月齢、連続作動均時差表示、日の出・入り、 昼夜の長さ、四季、至点、分点、黄道 12 星座 、潮位表示、潮位表示太陽 、太陽 -地球 -月の位置関係(合、衝、矩)、北半球の透明な天空図(銀河表示、黄道および天体の赤道付き)、 恒星の時と分、 トゥールビヨン、3週間パワーリザーブ(6個香箱)、パワーリザーブ表示

↑直径45mm、厚さが13.6mmというサイズが信じられないほどのグランド・コンプリケーション

 

自社に特別な製造部門や研究開発部門を置き、その成果を形にするブランドが徐々に増えていますが、ヴァシュロン・コンスタンタンもレ・キャビノティエの技術力をいかんなく発揮してきました。今後も超絶ユニークピースの製造で、世の時計好きを楽しませてくれるに違いありません。