6日、おぎやはぎの小木博明(45)と矢作兼(45)がMCを務めるAbemaTVのトークバラエティ『おぎやはぎの「ブス」テレビ』が放送された。この番組は「ブスの皆さんの言葉に耳を傾け、“幸せ”と“生きる勇気”をもってもらいたい」がテーマ。ブスのゲストたちを招き、さまざまなブス事情を本音で語り合った。今回は「ありそうなブスの口癖」が話題に。トークを展開する中で、さまざまな証言が寄せられた。


 街の人から集まった「ありそうなブスの口癖」では、「でも、だけど(会話に否定から入る様子)」「私いいです、どうせ私なんか」「(可愛い子を僻んで)あの子可愛いけど性格は悪い、と貶める」「きょう写真盛れないな〜(盛っても変わらない場合)」など。

 ブスゲスト一同はおおむね反発するが、キンタロー。は「会話に否定形で入っちゃうの、わかります、私も“とんだピエロだよ”って言いますし」と自身の口癖を告白。梶原つぐみも「(何もしていないのに)すみません!って言っちゃう」と語り、これには同意した出演者から「すみませんの前に“生きてて”が入っています」とフォローになっていないフォローが入った。また、最近、自分がブスと気づいたという女優の河合あゆこは「自分の写真を見て、(もともとブスなのに)“この日は顔がむくんでるな”“目が腫れているな”“写真うつりが悪いだけ”と思っていた」とブスあるあるに同意した。

 その他、すっぴんがブスというギャルからは、「必死こいて彼氏を作ったブスの口癖が“マジで別れた〜い”で、自分が上っていう雰囲気を出していること」、「口癖というか、男口調で“ウチら〜なんだわ”ってサバサバ感を演出すること」と言いたい放題。他にも、「ブスのくせにファッション用語を駆使して“抜け感が〜”“差し色が〜”とか使っているのはイタい」「ブスはガチガチのおしゃれで固めるべき。ナチュラルスタイルが許されるのは美人だけで、同じ物差しで測ってはいけない」と、各々、自身がブスということを大いに自覚した意見がざっくばらんに飛び出した。おぎやはぎの2人はこれらのコメントを受け、「ブスのみなさんはすごく(身の程を)わかっているね」と妙に感心していた。


(c)AbemaTV