“日本からもラブコール”新人ガールズグループPITAPAT、本日(7日)デビュー!

写真拡大

新人5人組ガールズグループであるPITAPATが本格デビューする。

PITAPATの所属事務所PITAPAT ENTは本日(7日)、PITAPATのデビューアルバム「Sign」を初公開し、ガールズグループ大戦に合流すると伝えた。

PITAPATはリーダーのジャインを筆頭に、ハリ、ソエ、ハンソル、ソルリムの5人の少女で構成された爽やかなガールズグループだ。

作曲家SuperRookieとL.dikが共同して作ったデビュー曲「Sign」は、男女の間でお互いだけが知ることができる特別な信号、すなわち“Sign”をただ私だけのために送ってほしいという女の子の心理を表現したシンセポップだ。繰り返されるシンセサウンドと、曲の途中に出てくるラップがリスナーの耳を魅了させる。

プロデューサーのコンジャクがアルバムプロデュースを引き受けて、振付師ファン・ヒョヨンが独特ながらも真似やすい振付けを完成させた。少女時代、miss Aなどの人気ガールズグループのアルバムを引き受けたスタッフも参加し、アルバムの完成度をより一層高めた。また、すでに日本からラブコールを受けていることも明かされた。

所属事務所のユ・スソンプロデューサーは、「多才多能な5人の少女たちと、彼女たちを支援する専門スタッフが、力を合わせて作った曲とステージを楽しくご覧になられることを願う」として、「韓国だけでなく、アジアを舞台に多様な活動を準備中だ」と伝えた。

完成度が高いアルバムでスタートを切るPITAPATのデビュー曲「Sign」は、MelOn、Mnetなどの音源配信サイトを通じて鑑賞することができる。