あらゆるシーンでスポーティかつ快適な走りを楽しめる、ヤマハ「MT-09 TRACER(トレーサー)ABS」の2017年モデルが発表されました。新装備や新色が追加されたとのことですが、どのように進化したのでしょうか!?

1

トレーサーは846ccの水冷直列3気筒エンジン、前後17インチのホイールを持ち、ライディングポジションも高めのことから、今はやりの「アドベンチャーバイク」と定義されやすいモデルです。

しかし兄弟車の「MT-09」をベースに作られていることから「オンロードを主体としたツーリングバイク」という印象を受けます。

シート高は845mmと決して低くはないのですが、足つき性はさほど悪くはなく、筆者のように身長170cm前後のライダーなら、まず悩むことはないと思います。

そして大型のウインドスクリーンや18Lの燃料タンクも装備しているので、街乗りから長距離ツーリングまで快適に走行できる「マルチパーパスバイク」として評判が高いです。

トレーサーと同時に発表された「MT-09 ABS」にも搭載されていますが、レバー操作荷重を低減するために「アシストカム」と「スリッパーカム」という2種のカムを設けた「A&Sクラッチ」が採用されました。

穏やかな車体挙動と、軽いクラッチ操作荷重を実現できる特殊な構造のクラッチで、これによりクラッチレバーの操作荷重は従来モデルから「約20%低減」したとのことで、走行性能にさらに「快適性」が上乗せされた印象です。

従来のトレーサーに搭載されていたTCS(トラクション・コントロール・システム)は「ON/OFF」の選択のみでしたが、2017年モデルからは「1(弱)」「2(強)」「OFF」を選べる2モード選択式になりました。これにより、さらに滑らかな発進性・走行性が得られるとのことです。

2017年モデルのトレーサーは「ダークグレーメタリックG(リーフグリーン)」「ディープパープリッシュメタリックC(ブルー)」「マットダークグレーメタリック6(マットグレー)」の3種類の新色カラーが展開されます。



個人的には新色の「リーフグリーン」がイチオシです。ミリタリーテイストが強い渋めのカラーですが、トレーサーが持つ都会的な雰囲気をそのままに、自然の中にも溶け込みそうな色で好印象です。

シーンを選ばない「マルチパーパス」として人気のトレーサーですが、兄弟車の「MT-09 ABS」と同じく「快適性」を重視した熟成が重ねられ、ますます魅力的なモデルへと進化しました。

シート高がネックになっている方も多いかもしれませんが、意外に足つきが良いことに驚かれるかもしれませんよ!?

2017年モデルは2月15日発売予定、メーカー小売り希望価格は¥1,069,200(税込)となっております。

(ライター:張山 和希/Moto Be バイクの遊び方を提案するWEBマガジン

【関連記事】


【ライダーの疑問】すり抜けってどうなの?警察官に聞いてみた


【夜ツーのススメ】夜の空港はブラッとツーリングに最適なスポットだった


【ROCK】音楽好きにはたまらない!ギターペイントのヘルメットがかっこ良すぎる!


ケツ痛解消できんの?ライダークッション「ワイルドアス」を500kmツーリングで使ってみた結果

新色&新機能追加!ヤマハ「MT-09 TRACER ABS」の2017年モデルが魅力的(http://clicccar.com/2017/02/07/441388/)