新しいレストランにはオープンキッチンを設け、シェフが調理する様子を間近に見ることができる ※画像はイメージ

写真拡大

グランド ハイアット 福岡(福岡市博多区)の1階に2017年夏、レストランとティーラウンジ、ペストリーショップが一体となった複合型オールデイダイニングが誕生する。

現在営業中の1階レストラン「アロマーズ」、1階ティーラウンジ「ラ テラス」は3月31日(金)まで、地下1階ペストリー&ベーカリー「スタールヴァンシス」は6月30日(金)まで営業し、7月以降新しいレストランとしてリニューアルオープンする。

新レストランには、フロア内に新しいレストランの顔となる「チャコールグリル」を配したオープンキッチンを設け、シェフが調理する様子を間近に見ることができる。目の前で立ち上る炎とシェフが振る舞う料理、五感を刺激する空間作りで、ここでしか味わえない特別な体験と料理を堪能することができる。

グランド ハイアット 福岡の新しいメインダイニングに期待しよう!【福岡ウォーカー編集部】