出典:大塚製薬株式会社

大塚製薬株式会社は、イオン飲料『ポカリスエット イオンウォーター』による、日本の女性に向けた”からだの渇きへの気づき”をテーマにした、“湿度”を表現する新感覚WEBコンテンツ『FLOWER DRY ALERT(フラワードライアラート)』を、本日2017年2月2日(木)より公開しました。

『FLOWER DRY ALERT』とは、フラワーアート・ユニット『plantica(プランティカ)』監修のフラワーアートや、音楽家 蓮沼執太氏による楽曲を通して、“乾き”をスタイリッシュに表現するインタラクティブコンテンツです。


出典:大塚製薬株式会社

PCやスマホの画面から、その時、その場所の“乾き(湿度)”を感覚的に知ることができます。

“渇いたからだを日常的に潤す”という『ポカリスエット イオンウォーター』の持つコンセプトから、冬の乾燥に悩む20-30代の女性に向けて、日々の乾燥に対する意識を高めていただきたいという発想のもと生まれました。

『plantica』による合計43種類、約3500枚の本物の花びらを撮影し制作した20パターンのフラワーデザインと、蓮沼氏の『FLOWER DRY ALERT』のためのオリジナルの楽曲群を使い、それらが、湿度や時間、気温、風の強さなどによって流動的に展開されることで、画面上、豊富なバリエーションをお楽しみいただくことができます。これらの情報が記されたSNSへのシェア画像は、およそ5億バリエーションを用意しています。

 

■FLOWER DRY ALERT

その時点、その場所の湿度に応じて変化するフラワーアートバリエーション

本インタラクティブコンテンツがリアルに体験できるフィールド展開も2月17日から予定しております。

 

■「TENOHA DAIKANYAMA」


出典:大塚製薬株式会社

イメージとなります。実際の展開とは異なる場合があります。

展開期間:2月17日(金)〜2月26日(日)

住所:〒150-0034 東京都渋谷区代官山町20-23

『TENOHA DAIKANYAMA』の中庭スペースを、『plantica』が期間限定で装花。ブルーを基調とした『FLOWER DRY ALERT』の世界観を体験できます。

『FLOWER DRY ALERT』のWEBコンテンツに、最新技術を追加実装した特製のデジタルサイネージを設置。

フラワーアートによってその瞬間の乾燥レベルを視覚的に楽しめるほか、人の動きを感知して舞う花びらを選り分けて“乾き”の数値を見つける体験など、よりインタラクティブなコンテンツ体験を提供します。

ご来店のお客さまにイオンウォーターの無料配布も実施します。

 

■「MARIS HAIR&TREATMENT OMOTESANDO」


出典:大塚製薬株式会社

イメージとなります。実際の展開とは異なる場合があります。

展開期間:2月17日(金) 2月26日(日)

住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-9-9 Gビル神宮前02 B1F

エントランススペースとVIPルーム内にて、『FLOWER DRY ALERT』のWEBコンテンツに、最新技術を追加実装した特製のデジタルサイネージを設置。

髪のコンディションと密接な関わりのある「乾燥」レベルを、フラワーアートの変化を通じて視覚的に楽しめます。

サロン内の各テーブル(4箇所予定)にipadを設置。お待ちの時間に、『FLOWER DRY ALERT』のコンテンツ体験ができます。

ご来店のお客さまにイオンウォーターの無料配布も実施します。

 

■FLOWER ART:Plantica


出典:大塚製薬株式会社

約600年続く華道の伝統や美学を意識しつつ、次世代の新たな表現方法を追求するフラワーアート・ユニット。ストレートな表現を求め、花に関係するファッションやプロダクト『IKEBANA KIT』から花贈りのウェブサービス“bouquet”を企画・制作。

生け花の枠にとらわれない自由な活動を行っている。2007年、多様な手法を用いて花の魅力を発信するクリエイティブスタジオ“Plantica”を結成。

 

■MUSIC:蓮沼執太


出典:大塚製薬株式会社

1983年、東京都生まれ。音楽作品のリリース、蓮沼執太フィルを組織して国内外でのコンサート公演をはじめ、映画、演劇、ダンス、音楽プロデュースなどでの制作多数。

近年では、作曲という手法を様々なメディアに応用し、映像、サウンド、立体、インスタレーションを発表し、個展形式での展覧会やプロジェクトを活発に行っている。

最新アルバムに『メロディーズ』(2016)、シアターピース『TIME』(神奈川芸術劇場・KAAT)がある。自ら企画・構成をするコンサートシリーズ『ミュージック・トゥデイ』を主催。

2014年はアジアン・カルチャル・カウンシル(ACC)の招聘によりNYに滞在。

主な個展に『作曲的|compositions - space, time and architecture』(国際芸術センター青森 2015)、『have a go at flying from music part3』(東京都現代美術館 ブルームバーグパヴィリオン 2012)など。

 

『ポカリスエット イオンウォーター』はポカリスエットの機能はそのままに、甘さひかえめで、スッキリした後味。

日常生活で水のように気軽に飲めて、水分と電解質を身体にスムーズに補給できる健康飲料です。常温でもおいしく飲んでいただけるため、室内など汗をかかないシーンでもおすすめです。日常の渇きを潤し、毎日のコンディションをサポートします。

【参考】

※ 大塚製薬株式会社

【関連記事】

※ 実は好相性!メゾン・ランドゥメンヌで「抹茶に合うパン作り」を体験

※ 星野リゾート軽井沢から新提案。色をテーマに楽しむ「ピクニックパレット」とは

※ 春の沖縄で癒しの女子旅を。ホテル宿泊券などがあたるキャンペーン実施中

※ バレンタインシーズンに味わいたい!人気の「ボス ラテベース」に限定フレーバーが登場

※ マンダリンオリエンタル東京で「Flower」がテーマのバレンタイン特別メニューが登場