BIGBANG「韓国大衆音楽賞」ノミネートから外れる…関係者「フルアルバムのリリースが12月だったため」

写真拡大

韓国大衆音楽賞側が、受賞者の候補からBIGBANGが外れることになった理由を明らかにした。

本日(7日) 午前11時にソウル韓国言論振興財団19階の記者会見場にて、「第14回韓国大衆音楽賞」授賞式の記者懇談会が開かれた。

この日の席で、キム・ユナ大衆音楽評論家は過去に音楽性が認められたBIGBANGがノミネートから除外されたことに関連して、「BIGBANGのフルアルバムが12月にリリースされたため」として、「この(候補) リストは、11月に発売されたものまでが対象だ」と、選定基準を明らかにした。

引き続きBIGBANGのアルバムに対して、「シングル単位しか反映されない状況なので、注目をあまり受けない状況は避けられない」として、「多分来年度の候補に選定される可能性があると考えられる」と付け加えた。

「第14回韓国大衆音楽賞」授賞式は28日午後7時、九老(クロ) アートバレー芸術劇場にて開かれ、EBS「スペース共感」のホームページを通じて生中継される。