春商戦に向け、料金プランのテコ入れを図っている

写真拡大

 NTTドコモは、初めてスマートフォンを持つユーザーを対象に基本使用料を最大2年間割り引く「はじめてスマホ割」に、60歳以上のユーザーを対象にした「シニア特割」を新設した。
 「シニア特割」は、従来の3G(FOMA)で契約している60歳以上のユーザーがLTEの「Xi」に契約変更を行い、「カケホーダイプラン(スマホ/タブ)」または「カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)」と、対象となるパケットパックを申し込むと、基本料金を最大2年間、毎月1520円割り引くサービス。

 月額料金の安い「カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)」でも、「カケホーダイプラン(スマホ/タブ)」を選んだ場合と同様、毎月1520円の割引きが適用され、「シェアパック」子回線の場合、最大2年間、月額980円でスマホを利用できる。受付期間は5月31日まで。

 また、1月30日から、新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」の「カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)」の適用となるパケットパックに、これまで適用外だった「データSパック」を追加した。

 「データSパック」の月間データ容量は2GBで、税別の月額料金は3500円。1GBあたりの単価は、月間データ容量5GBの「データMパック」より高いが、金額は安い。「カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)」で「データSパック」が選べるようになり、これまで月額7000円だったスマホの最低利用料金は、月額5500円に下がった。継続利用年数15年以上の場合は、さらに毎月600円の割引きが適用され、月額4900円からとなる。