「イズシカ」は伊豆市で狩猟捕獲された野生のシカ肉のこと。車内では、イズシカのローストや竜田揚げが味わえる

写真拡大

伊豆箱根鉄道では、3月10日(金)・3月17日 (金)の2日間、地酒と地元の食材を存分に楽しめる日本酒電車「イズシカトレインVII」(3980円)を運行する。同イベントは2011年より始まり、今回で7年目を迎える伊豆箱根鉄道の人気イベント電車だ。

【写真を見る】伊豆の地酒と地元の食材を楽しめる「イズシカトレイン」が今年も運行!ヘルシーなブランド肉「イズシカ」にも注目

日本酒は、伊豆半島で唯一の酒蔵「万大醸造」より厳選した日本酒2種と本格焼酎1種が飲み放題!乾杯用には「伊豆のにごり酒」が提供される。食事は伊豆市で狩猟捕獲された野生のブランドシカ肉「イズシカ」を使ったジビエ料理をメインに、天城軍鶏、わさびなど天城の自然の恵みをたっぷり使った料理が勢ぞろい。シカ肉は脂肪分が少なく、高タンパク・低カロリー、鉄分が豊富なためヘルシー食として女性を中心に注目が集まっており、「臭みもなく食べやすい!」「意外にジューシーでおいしい!」といった声も寄せられている。また、途中の伊豆長岡駅では、伊豆市のブルワリー「ベアード・ブルーイング」より、香りと風味が豊かな「修善寺ヘリテッジヘレス(瓶ビール)」がもらえる。

電車は三島−修善寺間を1往復約2時間40分かけて運行する。電車の前後に「イズシカトレイン」ヘッドマークが付いていたり、イズシカについて学べる「伊豆市イズシカクイズ大会」が開かれたりと、旅を盛り上げるしかけも満載。また、車内はちょうちんなどでにぎやかに装飾され、はんてん&前掛け姿のスタッフが、風情たっぷりでおもてなししてくれる。

人気イベント列車のため現在はキャンセル待ちの状態だが、気になる人は順番待ちの予約だけでも検討してみてはいかがだろうか。【ウォーカープラス編集部/セキノユリカ】