TWICE&Wonder Girls&赤頬思春期ら、28日開催の授賞式「韓国大衆音楽賞」の候補にノミネート

写真拡大

Wonder GirlsとTWICE、赤頬思春期が「韓国大衆音楽賞」の今年の音楽の候補にノミネートされた。

「韓国大衆音楽賞」側は7日午前、ソウル中(チュン) 区プレスセンターで、「第14回韓国大衆音楽賞」の候補(作) を発表した。

今年の音楽は9 and the Numbersの「エリスの島(Song for Tuvalu)」、TWICEの「CHEER UP」、赤頬思春期の「宇宙をあげる」、Wonder Girlsの「Why So Lonely」、Jun Bumsun and the Yangbansの「下からの革命」がノミネートされた。

また、今年のアルバムにはABTBの「Attraction Between Two Bodies」、Danpyunsun and the Sailorsの「角」、Wings of the ISANGの「意識の流れ(Stream of Consciousness)」、チョ・ドンジンの「木になって」、Bahngbekの「君の手」が候補にあがった。

今年のミュージシャン部門にはDanpyunsun and the Sailors、2番目の月、パク・ジェボム、イム・インゴン、JAMBINAIが候補に上がった。

特に、今回の授賞式でTWICEと赤頬思春期は今年の音楽、今年の新人、最優秀ポップソングの3つの部門にノミネートされ、注目を集めている。パク・ジェボムも今年のミュージシャンと最優秀R&B、ソウルアルバム、音楽の3つの部門にノミネートされた。

「第14回韓国大衆音楽賞」授賞式は28日午後7時、ソウル九老(クロ) アートバレー芸術劇場で開催される。