「苺タルト」。山盛りいちごの上にベリーを配したタルト。キルシュ風味のアーモンド生地の上にカスタードと生クリームをのせていちごを敷き詰めている/セント レジス ホテル 大阪

写真拡大

セント レジス ホテル 大阪の「フレンチビストロ ル ドール」では、今年で2回目となるストロベリーブッフェ「LOVE STRAWBERRY」(開催期間:1月5日〜5月31日)を開催。今回のテーマは“LOVE”。「苺ショートケーキ」などの定番はもちろん、「苺ようかん」といった和テイストのものや、「アボカドと苺のサラダ」や「苺の巻きずし」など、個性的なメニューも充実し、約53種のいちごメニューが並ぶ。

【写真を見る】「苺ショートケーキ」。ふんわりスポンジ、しっかりとしたクリームの甘さ、いちごの酸味のバランス/セント レジス ホテル 大阪

そこで、セント レジス ホテル 大阪のストロベリーブッフェの数あるメニューの中から、編集部がおすすめする、いちごメニューベスト5を紹介!

ランキングは、甘党スイーツライターと辛党編集者両方の観点から評価。全メニューリストから10〜15品を厳選し、実際に食べて、味の総合、いちご度、見た目の華やかさ、食感の驚きなどの総合点でランク付け。

■ 編集部が選んだ「セント レジス ホテル 大阪 LOVE STRAWBERRY」必食ベスト5

<ベスト1>苺タルト。山盛りいちごの上にベリーを配したタルト。キルシュ風味のアーモンド生地の上にカスタードと生クリームをのせていちごを敷き詰めている。食べ応えあり。

<ベスト2>苺ショートケーキ。ふんわりスポンジ、しっかりとしたクリームの甘さ、いちごの酸味のバランスが素晴らしい。“これぞいちごショート!”という完成度の高さを楽しめる。

<ベスト3>苺とバナナのムース。スポンジをはさんで下にバナナムース、上にいちごムースを配置したWムースが特徴。優しい見た目とはうらはらに、エッジの効いたおいしさ。

<ベスト4>いちご大福あんぱん。ふんわりあんパンといちごを組み合わせた和スイーツ。パンの底の部分に柔らかいぎゅうひが入り、味と共に意外性も楽しめる。

<ベスト5>いちごとサーモン焼き。肉厚で旨味の強いサーモンのグリル。刻んだいちごをトッピングすることで、甘味や酸味が加わりサーモンのおいしさが倍増する。

【フードライター高田強が実食】「スイーツだけじゃなく、フードも充実。フレンチの調理チームが作る巻き寿司、サラダ、リゾットなど、メニュー数も豊富で、しかも味のバランスがいい。斬新で、ここでしか味わえない料理がそろっているのが魅力」【関西ウォーカー編集部】