パナソニック、光学20倍ズームレンズ搭載のHDハンドヘルドカメラレコーダー「AG-AC30」を発表

写真拡大

パナソニック株式会社は、業務用メモリーカード・カメラレコーダー「AG-AC30」を2017年3月より発売する。希望小売価格は税抜180,000円。

AG-AC30は、広角29.5mm(35mm判換算)光学20倍ズーム、iAズーム40倍で、ワイドから望遠まで幅広いレンジをカバーしたHDハンドヘルドカメラレコーダー。本体重量は約1.5kg。光学式と電子式を組み合わせた5軸ハイブリッド手ブレ補正により、手ブレを検出、補正し、より安定した撮影が可能。120fpsの高速撮影によるスローモーション効果にも対応している。

ズーム・フォーカス・アイリスそれぞれの調整が可能な3連マニュアルリングや、+48Vファントム電源対応2チャンネルXLR音声入力端子、撮影中であることを確認可能なリングLED、操作性を向上させる9個のユーザーボタン(本体ボディ5個、タッチパネル4個)などを装備している。

写真左:色温度変換フィルター、写真右:拡散フィルター

SDXCメモリーカードスロットを2基装備しており、リレー記録ではスロット1からスロット2に連続して自動記録を行い、順にカードを交換することで長時間のイベント撮影にも対応。2枚のSDメモリーカードに同じデータを記録するサイマル記録(同時記録)も可能だ。また、1/3.1型のBSI(裏面照射型)MOSセンサーと約300ルクスの高照度LEDビデオライトも搭載。様々な撮影状況に応じて選べる色温度変換フィルターと拡散フィルターも同梱している。