ごめん…ちょっと笑っちゃう! モーツァルトがこっちを見てくる「モーツァルトチロル」新発売 / とにかくめちゃ見てくる(笑)

写真拡大

見た目もかわいらしいし、いろんなお味があって楽しいチロルチョコ。おせんべい「雪の宿」とコラボしたり、ドリンクになったりと、新商品にも注目したいチョコ菓子です。

しかしながら、この新商品は、注目したくなくても注目せざるを得ない目力があります! だって、すっごいモーツァルトが見てくるんだもん……。

【新発売の「モーツァルトチロル」】

2月6日に新発売された「モーツァルトチロル」は、オーストリアお菓子・モーツァルトクーゲルを再現したチロルチョコだそうです。

ドイツから直輸入したベース原料にアーモンドプードル(粉砕したアーモンド)を加えて、さらにアメリカ産ピスタチオが入っているとのこと。参考価格は42円(税抜)。チロルチョコにしてはなかなかお高めの価格設定。

【モーツァルトの視線を感じる……】

モーツァルトクーゲルというのは、オーストリア生まれのチョコ菓子。マジパン(アーモンドと砂糖をペースト状にしたもの)とヌガー(ソフトキャンディの1種)をチョコレートで包んだものです。

名前は、オーストリア生まれの作曲家・モーツァルトに由来し、パッケージにはモーツァルトの肖像画が使われているのだそう。と、いうワケで、「モーツァルトチロル」のパッケージにもモーツァルトの肖像画がプリントされているのですが……。

これがコンビニのレジ横なんかに並んでいたら、絶対に見ちゃう。いや、モーツァルトが見てくるから、見返しちゃう?みたいな。

お金払ってるときに、どこからか「トルコ行進曲」が聞こえてきそう……。クラシックなのにチロルチョコというギャップもいいし、気になることは確実です!

参照元:プレスリリース
執筆=夢野うさぎ (c)Pouch

この記事をPouch[ポーチ]で読む