北海道地図は2月7日、地図デザインの作成に便利なデータ製品「地図素材.ai」をアップデートし、10種類のカラーバリエーションが選べるようになったと発表した。データはAdobe Illustrator形式で、必要な部分だけを5km四方の単位で購入することができる。

「地図素材.ai」のデータをAdobe Illustratorで開いたところ

アップデートで新たに追加された配色

「地図素材.ai」のデータは、市区町村役場・鉄道駅・学校・病院・公園など、要素ごとにレイヤー分けされたているので、必要な情報だけを表示させることができる。著作権もクリアで、加工も可能なので、デザイン業務における地図作成の作業を効率化できる。

従来、配色については1種類のみだったが、今回のアップデートで一挙に10種類展開となった。ユーザーはイメージに近い配色のデータを選んで加工することで、さらに効率的に地図を作成することができる。
なお、「地図素材.ai」は2月8日から10日まで東京で開催予定の「page2017」にて展示される予定だ。

北海道地図
URL:http://www.hcc.co.jp/information/products/gismap-chizusozai-color.html
2017/02/07