5年分の食料、映画館付き…世界終末で「快適に生き残れる」高級核シェルターが米国で完売

写真拡大 (全9枚)

冷戦時代の核ミサイル施設を改造した、核シェルターコンドミニアムが米国で開発され、すでに1棟全室が完売している。

Survival Condo

サバイバルを目的とした質実剛健な核シェルターは、米国では珍しくないが、このコンドミニアム「サバイバル・コンド」は、地下にゴルフ練習場やプール、アスレチックジムなどを備えたラグジュアリータイプだ。

アトラスミサイルの地下サイロを改造

米国空軍は1950年代に初めて大陸間弾道ミサイル(ICBM)「アトラスミサイル」の開発に成功し、1959年から1968年にかけて、国内72カ所に実戦配備した。

そのアトラスミサイルが格納されていた地下サイロの1つを改造したのが「サバイバル・コンド」だ。

このサイロそのものが、敵国からの核攻撃やさまざまな天災に耐えるように作られている。

サイロの天井部分/Survival Condo

70人が5年以上生きられる

今回販売されたのは「サバイバル・コンド」の第1弾で、物件はカンザス州にある。

地下15階の分譲式マンションで、価格は1区画150万ドル(約1億7,000万円)〜300万ドル(約3億4,000万円)。

Survival Condo

核戦争を始めとした世界終末を、「快適に」生き残れるように設計されているのが特徴だ。

70人の住人やスタッフが必要とする5年分の食料が蓄えられている。

石油の備蓄が底をついても、風力発電でエネルギーを得られるようになっている。

野菜の栽培設備や魚の養殖場もある。

充実した娯楽設備

サバイバルを「快適に」するための設備も充実している。

例えば、地下の1フロアがプールになっていて、人工の滝やウォータースライダーもある。

Survival Condo

他にも、フリークライミング用の壁

Survival Condo

キッチン

Survival Condo

ベッドルーム

Survival Condo

映画鑑賞用シアター

Survival Condo

各部屋や廊下には窓に似せたモニタースクリーンがあり、そこに日の出、日の入りが映し出され、1日24時間の自然なサイクルで生活できるようになっている。

現在、カンザス州のサイロを改造した1棟は完売。デベロッパーは次のサイロの改造に取りかかっているとのこと。