これが同一人物だなんて信じられますか!?

デザイナー兼モデルを務め、さらにはボディー・ペインティングを巧みに駆使して2次元キャラに変身してしまう美女、ケイ・パイクさん。

いつもならアニメやアメコミなど、人間のキャラクターに完全変身してしまう彼女が、今回挑戦したのは『スター・ウォーズ』シリーズのC-3PO。しかも『フォースの覚醒』の左腕が赤いバージョンです。

人生で最も難しくテクニカルなペインティングだったというケイさん。どんどん金色になっていく姿を早回しでチェックしてみましょう。



9GAGが取り上げたKayPikeFashionによる動画でした。

この動画は、生放送していたメイク風景を3分にまで短縮したもの。充分なリサーチをしてから取りかかる彼女ですが、動画ではためらうことなくフリーハンドでペタペタ塗り進めていきます。


170203_bodypaint2.jpg


目を描く時は薄目を開けてまぶたを塗っているのよ、というケイさん。ちなみに顔のメイクになると、画面左側には過去の作品が映ります。


170203_bodypaint3.jpg


そして完成したのがこちら。ご本人が華奢なのもあって、パっと見ではこれが全身に塗られたボディー・ペインティングだというのもわかりませんし、ましてや生身の人間だなんて想像もつかないかと思います。


170203_bodypaint4.jpg


メイキャップをはるかに越えたケイさんのメイク術。次回は何に変身するのか、新作が楽しみですね。

・この動物、アレで表現されているんです。人間と自然とアートが融合した世界

image: YouTube
source: 9GAG, YouTube

(岡本玄介)