写真提供:マイナビニュース

写真拡大

俳優のディーン・フジオカが、4月スタートのテレビ朝日系ニュース情報番組『サタデーステーション』(毎週土曜20:54〜)に初挑戦することが7日、明らかになった。「インフルエンサー」として、不定期出演する。

インフルエンサーは「世間に影響を持つ人」という意味で、ディーンは、スタジオでさまざまなニュースにコメント。台湾でも活躍し、日本語・英語・中国語・インドネシア語に堪能で、国際問題にも精通していることから、国内外のニュースの現場にも直撃する。

また、ディーンは音楽活動も行っていることから、同番組と日曜に放送される『サンデーステーション』のエンディングテーマも担当。「報道に関わる分野にて何かの専門家でも特殊な技能がある訳でもありませんが…」と謙そんしながら、「少しでも番組進行のお役に立てるよう、より良い未来につながる変化や気付きのきっかけを作る問いかけや、提案をしていければと考えております」と意気込みを語っている。

共演するメインキャスターの高島彩は「ディーンさんが土曜の夜を色づかせてくださること間違いなしですね! 国際派俳優でいらっしゃるディーンさんの視点が加わることで、さらに肉厚な情報をお伝えできると思います。私も今からとても楽しみです」、渡辺信太郎チーフプロデューサーも「国際派のディーンさんが森羅万象にどう切り込むのか。エンディングテーマを含め楽しみ過ぎて、職場でなく自宅のテレビで見たいくらいです!」と期待を寄せている。

テレビ朝日は、4月改編で土・日曜の21時台に、ニュース情報番組を新設。日曜の『サンデーステーション』は、長野智子がメインキャスターを務める。