彼のお母さんに会うときがついにやってきた…またはこれから会うときがきそう!いや会ったときのために学んでおこう♡

とにかくおとなしい子を演じる



引用元
へたに張り切って自分をアピールしたり、良いところを見せようとすると空回りするので、基本はあまり喋りすぎず聞かれたことに答えるだけでOK!はしゃいだり、爆笑したりは最初は避けて。元気で騒がしい子と思われるより、おとなしい子のほうが遠慮してると思われて気を遣ってもらえるし、余計な失敗を防げます。

清楚な女の子は鉄板



引用元

これは間違いないです。息子をもつ母としては、清楚なイメージが一番です。いかに清潔できちんとしているかがポイント。髪型、メイク、服装、バッグ…全体的にシンプルで、品のあるものをチョイスしましょう♡強めな巻き髪やアクセのつけすぎには注意!メイクもナチュラルに、綺麗めなワンピースに新しいバッグが◎!

いつもの呼び方はNG



引用元

彼の家族の前では、彼のことを○○さんというのは常識!呼び捨てにしたり、普段の呼び方で呼ぶのは失礼にあたります。自分の事もきちんと私、自分の家族のことも母、父、など謙遜した言葉遣いをしましょう!

手土産を忘れない



引用元

彼のおうちに伺う際は必ず手土産。いらないと彼に言われても、必ず持参します!彼に好きなものを先に聞けたらそれがベスト。彼はわからなくても、お母さんだってやっぱり同じ女性。かわいいものが好きなはず。だから若い子だからこそえらべる、かわいいおしゃれな流行りのスウィーツがオススメです♡ちなみに、レストランなど外で会う際も軽いものをチョイスして渡しましょう。

お酒について


これは油断しがち。お酒は飲むの?と聞かれて、かなり好きで飲みます…なんてNG。酒豪の彼女なんて心配じゃないですか?最初は、おとなしい子!です。少しだけなら大丈夫です、とかあんまり強いのは飲めないです…が良いですよ◎

わからなくても手伝うこと



引用元

家に遊びに行ってごはんをご馳走になったり出してもらったお茶やケーキなどでも良いです。必ずいただいて食べ終わったものは運んで下げる!そして、私洗います!とお手伝いするのが◎。大丈夫だから座ってて!と断られたらありがとうございますと甘えましょう。台所を他人にさわられるのが嫌なお母さんもいます。だけど手伝うそぶりを見せることが重要。

彼を立てる


彼のお母さんやお父さんが今後もご迷惑をかけるかも知れませんが…などと言ってくることはありますが、そこでは彼を立てること!私にはもったいないくらいステキな方です!とか、心から思っている場合、その言葉は重みを持って伝わりますよ♡いつも仕事頑張っていて、とても優しいんです。なんて褒めてあげれば、彼の家族も彼も嬉しいはず。

いかがでしたか?初めての挨拶、彼ママとの付き合いが今後できそうならこれらを踏まえて頑張ってくださいね♡