メーガン・マークル

写真拡大

現在アメリカではシーズン6が放送中のマンハッタンを舞台にした弁護士ドラマ『SUITS/スーツ』のレイチェル・ゼイン役で有名なメーガン・マークル。かねてより熱愛と噂されている英国王室ヘンリー王子とのロンドンでのデート姿が報道された。

英Dailymailによると、二人はロンドン市内でロマンチックなディナーを楽しみ、手をしっかり握って歩いて店から出てきた後、運転手付きの車に乗り込んでいったとのこと。同紙にはそんな二人の写真も掲載されている。32歳のハリー王子は、35歳で離婚歴のあるメーガンにソッコンであると報道されているが、二人とも、そろそろ家庭を持ちたいと思っているという情報も出ている。

メーガンは11歳の時、当時ファーストレディーだったヒラリー・クリントンに「石鹸のコマーシャルは、"女性がキッチンにいるべきだ"と言っているようなものばかりだ」とクレームの手紙を書き、石鹸メーカーはその後コマーシャルの変更を余儀なくされたという逸話を持っているほど、子どもの頃から女性の社会進出、活動に熱心である。

また、名門ノースウェスタン大学で演劇と国際関係を同時専攻しており、卒業後はブエノスアイレスの米国大使館で勤務もしたという経歴も持っている。また、世界中での慈善活動や国連アンバサダーとしての役割にも熱心に取り組んでいる。そんな女優以外の顔も魅力のメーガンは、ケンジントン宮殿にあるハリー王子の2ベッドルームのコテージで同棲生活を楽しんでいるとのこと。

アメリカ人でアメリカをベースしているメーガンは、『SUITS』の撮影もお隣のカナダであるため、ハリー王子とは海を越えた遠距離恋愛になるが、それも苦にはならないそうだ。結婚への唯一の問題があるとしたら、彼女が飼っている2匹の犬。もしイギリスに永住となったら、犬も絶対に連れて行くことが条件だという。『SUITS』のマイクの恋人は現実世界では王子様と結婚となるかもしれないようだ。(海外ドラマNAVI)