アーセナルがアグエロ獲得が噂されるマドリーから玉突きでベンゼマ急襲か!?

写真拡大

▽アーセナルが、来夏の移籍市場でかつての恋人の獲得に動く準備をしているようだ。スペイン『アス』が報じている。

▽アーセナルは2015年夏の移籍市場でレアル・マドリーのフランス代表FWカリム・ベンゼマの獲得に動きを見せていると報じられていた。一部では5800万ユーロ(約69億6300万円)の具体的なオファーを提示したとも言われたが、移籍が実現することはなかった。

▽そんなアーセナルに対して、来夏にもチャンスが訪れるかもしれない。現在、マンチェスター・シティではこれまでエースとして活躍していたアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロに代わって、期待の新星であるブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスが起用されている。そのため来夏にもアグエロはシティを退団するのではないかと言われている。

▽『アス』によれば、アグエロに対してはチェルシーも興味を示しているが、以前から獲得が噂されたマドリーもオファーを出すだろうとしている。またマドリーにとって8000万ユーロ(約96億円)に設定されたアグエロの移籍金は障壁にならないとしている。

▽仮に、アグエロがマドリーに加入した場合、ベンゼマかスペイン代表FWアルバロ・モラタが放出される可能性があると指摘。そのためアーセナルがベンゼマ獲得に向けてオファーを出す可能性が高いとしている。一方で、チェルシーはアグエロを獲得できなかった場合は、アントニオ・コンテ監督の教え子でもあるモラタにオファーを出すかもしれないようで、いずれにせよ来夏の玉突き移籍は注目を集めそうだ。