2017シーズン 選手の補強一覧

写真拡大 (全2枚)

昨季は悲願の初タイトルまで“一歩”が届かず…

 フットボールチャンネル編集部では、Jリーグ開幕に向けて各J1クラブの補強動向を診断していく。今季の目標に向けて、効果的な補強を行うことができたクラブはどこなのか。今回は、昨季のリーグ戦で年間総合3位だった川崎フロンターレを占う。

------------

 昨季は“あと一歩”が届かないシーズンだった。リーグ戦、チャンピオンシップ、天皇杯…悲願の初タイトル獲得に間近まで迫りながら、最後の最後で掴めない。

 中村憲剛がリーグ年間MVPに輝いたことからも分かる通り、チーム全体のパフォーマンスは過去にないほど充実していたが、戴冠のために何かが少しだけ欠けていた。

 シーズン終盤には、革新的なスタイルをクラブに持ち込んだ風間八宏監督が退任を発表し、エースの大久保嘉人も移籍報道で揺れる。川崎Fに多くのものをもたらした功労者たちとの別れを惜しみながらの戦いとなった。

大久保の穴埋めが課題に。守備陣は層が厚く

 大久保の抜けた穴をどう埋めるか。

 新シーズン最大の補強ポイントは間違いなく絶対的エースストライカーが抜けた穴だっただろう。だが、結果的にその穴は埋まっていない。

 その一方で中盤にはJリーグ屈指の人材が揃った。出場機会が少なかった原川力と中野嘉大をレンタルに出したものの、大宮から家長昭博を、G大阪から阿部浩之を迎えて戦力収支はプラスに。さらにブラジルから攻撃的なポジションを幅広くこなせるハイネルを、切り札として獲得した。

 昨季はチョン・ソンリョンや谷口彰悟の活躍が目立った守備陣も、新潟から力強いプレーが持ち味の舞行龍ジェームズの獲得で選手層は確実に厚くなっている。長期離脱している奈良竜樹やオフに手術を受けたエドゥアルドの状態が戻れば、ハイクオリティな定位置争いが繰り広げられるだろう。

 大久保の代役は確保できなかったが、引く手数多だった小林悠が契約延長にサインして新キャプテンに就任。川崎Fは少ない資金をうまくやりくりしながら的確な補強を進め、チームが新たなサイクルに入ることを示した。鬼木達新監督の下、再びタイトル獲得を目指して走り出す。

新主将・小林には得点力にも期待かかる

 風間監督のチームでコーチを務めていた鬼木監督は、前任者の戦い方をある程度踏襲すると見られる。常に攻撃的に振る舞う姿勢は川崎Fのアイデンティティになりつつあり、新監督がそれをどこまで高められるかに注目だ。

 今季はAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場するため、シーズン序盤から日程が過密になっている。当然週に2試合戦わなければならないこともあり、ほどよくターンオーバーしながら、いかにパワーを落とさず戦うかが求められる。

 これまでの川崎Fであれば、ACLである程度主力を温存してしまうとチーム力が損なわれてしまうこともあったが、今季のメンバー構成を見る限り選手起用のレパートリーが多く、状況に応じて形を変えながら臨機応変に戦える陣容になっている。

 複数ポジションをこなせる選手が多く、たとえば3バックの場合は田坂祐介が昨季のように右ストッパーに入る形や、家長昭博が2トップの一角を務める形も見られるだろう。3バックと4バックを試合によって変えていくことも想定される。

 唯一の懸念点は中盤の中央に代えの利かない選手が多いことか。中村憲剛は言わずもがな、大島僚太やエドゥアルド・ネット、2人のうちどちらかが離脱してしまうとチーム全体のクオリティに大きな影響が出る。パスワークの核でもあるボランチ、あるいはトップ下の出来が今季の成績に直結するかもしれない。

 大久保退団で年間総得点のおよそ4分の1を失い、小林の肩にはキャプテンだけでなく新たな得点源としての重圧もかかってくる。そこで他の選手たちが奮起し、全員で助け合っていけるか。今季を戦い抜くには昨季以上にチームとしての総合力が問われる。

診断

補強診断 B

 大久保の後釜を見つけられなかったことが唯一のマイナスポイント。他のポジションでは足りないところを的確に補強し、チーム全体の総合力は向上している。昨季活躍した外国人選手や、小林との契約延長も大きな“補強”だっただろう。

総合力診断 A

 中盤のクオリティはJリーグ屈指。ACLの過密日程にも耐えられそうな顔ぶれが揃っており期待が高まる。円熟味を増す中村や、攻撃の軸になりそうな家長だけだなく、三好康児やハイネルら攻撃のアクセントになるアタッカーも充実している。

 守備陣も泣きどころだったセンターバックとGKがここ2年で堅牢さを増し、車屋紳太郎やエウシーニョも進境著しい。3バックにも柔軟に対応出来ることは昨季証明されており、今季もその積み重ねは重要な場面で生きるはずだ。

text by 編集部