「Instapump Fury for Reebok Classic Store DiverCity Tokyo Plaza」(税別1万9000円)

写真拡大

都内2店舗目となる「リーボック クラシック」直営コンセプトストアが登場。

【写真を見る】ヒール部分にある「TOKYO」の文字

リーボックは、歴代の名作を中心に展開するリーボックのカジュアルライン“Reebok CLASSIC(リーボック クラシック)”の直営店「Reebok Classic Store DiverCity Tokyo Plaza(リーボック クラシックストア ダイバーシティ東京 プラザ)」を、2月3日(金)にオープンした。

「リーボック クラシックストア」は、ストリートシーンに数々の影響を与えてきたリーボック クラシックの魅力や世界観が詰まったコンセプトショップ。“80年代のフィットネス”と“90年代のスポーツ”を根幹に展開される、復刻シューズやオーセンティックなアパレル商品など豊富なアイテムがラインナップされる。

都内では、原宿に次いで2店舗目。ファミリー層も多いエリアであることから、キッズ向けのシューズなども充実させている。

オープンを記念して、「Instapump Fury for Reebok Classic Store DiverCity Tokyo Plaza」(税別1万9000円)と「CLASSIC STORE TOKYO TEE」(税別3990円)を販売する。

30足限定の「Instapump Fury for Reebok Classic Store DiverCity Tokyo Plaza」は、1994 年の登場以降、アイコニックなモデルとして高い人気を誇る「Instapump Fury(インスタポンプフューリー)」を、ブランドを象徴するカラーリングでもあるトリコロールで表現した。ヒール部分に「TOKYO」の文字をあしらった、90年代のテイストを感じさせるモデル。

「CLASSIC STORE TOKYO TEE」は、スタークレストロゴをフロントに大胆にデザインし、「TOKYO」の文字をポップなカラーリングで配した限定Tシャツとなる。

さらに、好きなシューズを含む税別1万5000円以上を購入すると、1点ずつリーボック クラシックのオリジナルグッズをプレゼントするキャンペーンも実施する。

新たな「リーボック クラシックストア」を通して、リーボック クラシックが提案する“オーセンティック”で“コンテンポラリー”なライフスタイルを体験してみては。【ウォーカープラス編集部/コタニ】