Appleは現地時間2月6日、Apple Watch向けのwatchOS 3.2ベータ2、Apple TV向けのtvOS 10.2ベータ2をそれぞれ開発者向けにリリースしました。

シアターモードが追加されたwatchOS 3.2

watchOS 3.2ベータでは、腕を動かしてもApple Watchの画面をオフのままに保てる「シアターモード」が追加されています。同モードに設定しておくと、通知を受け取っても通知音をサイレントにすることができます。また画面をタップする、あるいはデジタルクラウンを押すと、シアターモード中でも画面表示を見ることが可能です。
 
またwatchOS 3.2ベータでは、アプリ開発者がアプリをSiriで動作するよう統合することができるSiriKitが新たに導入されています。watchOS 3.2ベータ以前では、SiriKitはiOSアプリでしか使うことができませんでした。

バグ修正が中心のtvOS 10.2

一方tvOS 10.2ベータ2では目立った新機能の追加はなく、バグ修正と機能向上が中心となっているようです。
 
米メディア9to5Macによると、昨年12月に追加された新TVアプリや、同アプリにアクセスするだけで、異なる映画およびテレビ番組のアプリにアクセスできる「シングルサインオン」機能の改良や向上も行われている模様です。
 
watchOS 3.2ベータ2、tvOS 10.2ベータ2に加え、iOS 10.3ベータ2も同じ日に開発者向けにリリースされています。
 
 
Source:9to5Mac(1),(2)
(lunatic)